RHEL 5:gimp(RHSA-2012:1181)

high Nessus プラグイン ID 61604

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティの問題を修正する更新済み gimp パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

GIMP(GNU Image Manipulation Program)は、画像作成および編集のプログラムです。

GIMP の Adobe Photoshop(PSD)イメージファイルプラグインに、ヒープベースのバッファオーバーフローにつながる、複数の整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、開いたときに PSD プラグインをクラッシュさせたり、GIMP の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行することができる、特別に細工された PSD イメージファイルを作成することが可能でした。(CVE-2009-3909、CVE-2012-3402)

GIMP の GIF イメージフォーマットプラグインに、ヒープベースのバッファオーバーフローにつながる、整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、開いたときに GIF プラグインをクラッシュさせたり、GIMP の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行することができる、特別に細工された GIF イメージファイルを作成することが可能でした。(CVE-2012-3481)

GIMP の GIF イメージフォーマットプラグインによって使用される Lempel-Ziv-Welch(LZW)展開アルゴリズムの実装に、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、開いたときに GIF プラグインをクラッシュさせたり、GIMP の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行することができる、特別に細工された GIF イメージファイルを作成することが可能でした。(CVE-2011-2896)

GIMP の KiSS CEL ファイルフォーマットプラグインに、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、開いたときに CEL プラグインをクラッシュさせたり、GIMP の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行することができる、特別に細工された KiSS パレットファイルを作成することが可能でした。(CVE-2012-3403)

Red Hat は、CVE-2009-3909 を報告してくれた Secunia Research 氏と、CVE-2012-3481 を報告してくれた SUSE セキュリティチームの Matthias Weckbecker 氏に感謝の意を表します。

GIMP のユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。更新を有効にするには、GIMP を再起動させる必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2012:1181

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-2896

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-3403

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-3481

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-3402

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2009-3909

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 61604

ファイル名: redhat-RHSA-2012-1181.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/21

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:gimp, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:gimp-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:gimp-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:gimp-libs, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2012/8/20

参照情報

CVE: CVE-2009-3909, CVE-2011-2896, CVE-2012-3402, CVE-2012-3403, CVE-2012-3481

RHSA: 2012:1181

CWE: 189