Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x i386/x86_64 の gimp

high Nessus プラグイン ID 61605

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

GIMP(GNU Image Manipulation Program)は、画像作成および編集のプログラムです。

GIMP の Adobe Photoshop(PSD)イメージファイルプラグインに、ヒープベースのバッファオーバーフローにつながる、複数の整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、開いたときに PSD プラグインをクラッシュさせたり、GIMP の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行することができる、特別に細工された PSD イメージファイルを作成することが可能でした。(CVE-2009-3909、CVE-2012-3402)

GIMP の GIF イメージフォーマットプラグインに、ヒープベースのバッファオーバーフローにつながる、整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、開いたときに GIF プラグインをクラッシュさせたり、GIMP の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行することができる、特別に細工された GIF イメージファイルを作成することが可能でした。(CVE-2012-3481)

GIMP の GIF イメージフォーマットプラグインによって使用される Lempel-Ziv-Welch(LZW)展開アルゴリズムの実装に、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、開いたときに GIF プラグインをクラッシュさせたり、GIMP の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行することができる、特別に細工された GIF イメージファイルを作成することが可能でした。(CVE-2011-2896)

GIMP の KiSS CEL ファイルフォーマットプラグインに、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、開いたときに CEL プラグインをクラッシュさせたり、GIMP の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行することができる、特別に細工された KiSS パレットファイルを作成することが可能でした。(CVE-2012-3403)

GIMP のユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。更新を有効にするには、GIMP を再起動させる必要があります。

ソリューション

影響を受ける gimp、gimp-devel および/または gimp-libs のパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?cfb9e000

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 61605

ファイル名: sl_20120820_gimp_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/21

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:gimp, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:gimp-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:gimp-libs, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2012/8/20

脆弱性公開日: 2009/11/19

参照情報

CVE: CVE-2009-3909, CVE-2011-2896, CVE-2012-3402, CVE-2012-3403, CVE-2012-3481

CWE: 189