FreeBSD:fetchmail -- SSL CBC 初期化ベクトルに対する選択済み平文攻撃(18ce9a90-f269-11e1-be53-080027ef73ec)(BEAST)

medium Nessus プラグイン ID 61725
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 1.4

概要

リモート FreeBSD ホストには、セキュリティ関連の更新がありません。

説明

Matthias Andree による報告:

Fetchmail バージョン 6.3.9 は、初期化ベクトルの推測を許すブロック暗号に対する特定の攻撃に対する対策を無効にするスイッチを含む、すべての SSL 回避策(SSL_OP_ALL)を有効にしました。これにより、攻撃者が自分のためにアプリケーション(fetchmail)に一部のデータを暗号化させる可能性があります。ただし、これは簡単に実現できるものではありません。

ストリーム暗号(RC4 など)は、影響を受けません。

情報提供:これを報告してくれた Apple 製品セキュリティ。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?1aeae316

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 61725

ファイル名: freebsd_pkg_18ce9a90f26911e1be53080027ef73ec.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2012/8/30

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 1.4

CVSS v2.0

Base Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:fetchmail, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

パッチ公開日: 2012/8/30

脆弱性公開日: 2012/1/19

参照情報

CVE: CVE-2011-3389