Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:firefox(MDVSA-2011:141)

critical Nessus プラグイン ID 61929
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Mozilla Firefox および Thunderbird のセキュリティの問題が特定され、修正されました:

Mozilla Firefox 3.6.23 より前と 4.x から 6、Thunderbird 7.0 より前、ならびに SeaMonkey 2.4 より前は、Enter キーを押さえてもダウンロードの開始を防止しません。これにより、ユーザーアシストのリモートの攻撃者が、意図していたアクセス制限を細工された Web サイトでバイパスすることができます(CVE-2011-2372)。

Mozilla Firefox 3.6.23 より前と 4.x から 6、Thunderbird 7.0 より前、ならびに SeaMonkey 2.4 より前のブラウザエンジンにある複数の特定されていない脆弱性により、リモートの攻撃者がサービス拒否(メモリ破損とアプリケーションクラッシュ)を引き起こし、未知のベクトルにより任意のコードを実行することがあります(CVE-2011-2995)。

Mozilla Firefox 6、Thunderbird 7.0 より前、ならびに SeaMonkey 2.4 より前のブラウザエンジンにある複数の特定されていない脆弱性により、リモートの攻撃者がサービス拒否(メモリ破損とアプリケーションクラッシュ)を引き起こし、未知のベクトルにより任意のコードを実行することが可能です(CVE-2011-2997)。

Mozilla Firefox 3.6.23 より前と 4.x から 5、Thunderbird 6.0 より前、ならびに SeaMonkey 2.3 より前は、「location」をフレーム名として適切に処理しません。これにより、リモートの攻撃者が細工された Web サイトを介して、同一生成元ポリシーをバイパスする可能性があります。これは CVE-2010-0170(CVE-2011-2999)とは別の脆弱性です。

Mozilla Firefox 3.6.23 より前と 4.x から 6、Thunderbird 7.0 より前、ならびに SeaMonkey 2.4 より前は、 Location、Content-Length、または Content-Disposition のヘッダーを含む HTTP 応答を適切に処理しません。これにより、リモートの攻撃者が細工されたヘッダーの値で簡単に HTTP 応答分割攻撃を行うことができます(CVE-2011-3000)。

Mozilla Firefox 4.x から 6、Thunderbird 7.0 より前、ならびに SeaMonkey 2.4 より前は、Enter キーを押さえてもマニュアルのアドオンインストールを防止しません。これにより、ユーザーアシストのリモートの攻撃者が、意図していたアクセス制限を特定されない内部エラーを発生させるよに細工された Web サイトでバイパスすることができます(CVE-2011-3001)。

Mozilla Firefox 7.0 より前ならびに SeaMonkey 2.4 より前のバージョンで使用されていた Almost Native Graphics Layer Engine(ANGLE)は、GrowAtomTable 関数の呼び出しの戻り値を検証しません。それにより、リモートの攻撃者が、メモリ割り当てエラーとそれに伴うバッファオーバーフローを発生させるベクトルにより、サービス拒否(アプリケーションクラッシュ)または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります(CVE-2011-3002)。

Mozilla Firefox 7.0 より前ならびに SeaMonkey 2.4 より前のバージョンでは、リモートの攻撃者が、メモリ割り当てエラーとそれに伴う領域外の書き込み操作を発生させる詳細不明な WebGL テストケースにより、サービス拒否(アプリケーションクラッシュ)または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります(CVE-2011-3003)。

Mozilla Firefox 4.x から 6、SeaMonkey 2.4 より前のバージョンにおける JSSubScriptLoader は、アドオンの loadSubScript メソッドの呼び出し時に XPCNativeWrappers を適切に処理しません。それにより、リモートの攻撃者は、特定のラップ解除動作を利用するように細工された Web サイトを介して、権限を取得するのが容易になります(CVE-2011-3004)。

Mozilla Firefox 4.x から 6、Thunderbird 7.0 より前、および SeaMonkey 2.4 より前の use-after-free の脆弱性により、リモートの攻撃者がサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こし、.ogg ファイルの細工された OGG ヘッダーを通じて任意のコードを実行することが可能です(CVE-2011-3005)。

Mozilla Firefox 7.0 より前、Thunderbird 7.0 より前、および SeaMonkey 2.4 より前で使用される YARR により、リモートの攻撃者がサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こし、細工された JavaScript を通じて任意のコードを実行することが可能です(CVE-2011-3232)。

Mozilla Firefox 3.6.23 より前の 3.6.x の整数アンダーフローにより、リモートの攻撃者がサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こし、大きな RegExp を含む JavaScript コードで任意のコードを実行することがあります(CVE-2011-3867)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-36.html

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-38.html

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-39.html

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-40.html

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-41.html

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-42.html

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-43.html

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-44.html

http://www.mozilla.org/security/announce/2011/mfsa2011-45.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 61929

ファイル名: mandriva_MDVSA-2011-141.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

公開日: 2012/9/6

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 5.9

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-af, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ar, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ast, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-be, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-bg, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-bn, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-br, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-bs, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ca, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-cs, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-cy, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-da, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-de, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-el, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-en_GB, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-eo, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-es_AR, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-es_ES, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-et, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-eu, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-fa, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-fi, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-fr, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-fy, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ga_IE, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-gd, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-gl, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-gu_IN, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-he, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-hi, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-hr, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-hu, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-hy, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-id, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-is, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-it, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ja, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-kk, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-kn, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ko, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ku, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-lg, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-lt, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-lv, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-mai, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-mk, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ml, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-mr, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-nb_NO, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-nl, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-nn_NO, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-nso, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-or, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-pa_IN, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-pl, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-pt_BR, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-pt_PT, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ro, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ru, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-si, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-sk, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-sl, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-sq, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-sr, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-sv_SE, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ta, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-te, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-th, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-tr, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-uk, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-vi, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-zh_CN, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-zh_TW, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-zu, cpe:/o:mandriva:linux:2011

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/10/1

参照情報

CVE: CVE-2011-2372, CVE-2011-2995, CVE-2011-2997, CVE-2011-2998, CVE-2011-2999, CVE-2011-3000, CVE-2011-3001, CVE-2011-3002, CVE-2011-3003, CVE-2011-3004, CVE-2011-3005, CVE-2011-3232

BID: 49808, 49812, 49813, 49837, 49848, 49850, 49852

MDVSA: 2011:141