Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:krb5(MDVSA-2011:159)

high Nessus プラグイン ID 61933

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

krb5 に複数の脆弱性が見つかり、修正されました。

MIT Kerberos 5(別名 krb5)1.9 ~ 1.9.1 の Key Distribution Center(KDC)の krb5_ldap_lockout_audit 関数により、LDAP バックエンドが使用されると、リモートの攻撃者が、レルムに対する不適切な文字列ケースで kinit の操作を行うことでサービス拒否(NULL ポインターデリファレンスおよびデーモンクラッシュ)を引き起こすことができます。これは、is_principal_in_realm、krb5_set_error_message、krb5_ldap_get_principal、process_as_req functions に関連しています(CVE-2011-1527)。

MIT Kerberos 5(別名 krb5)1.8 ~ 1.8.4 および 1.9 ~ 1.9.1 の Key Distribution Center(KDC)の krb5_ldap_lockout_audit 関数により(LDAP バックエンドが使用されるとき)、リモートの攻撃者は、 locked_check_p 関数に関連して、特定されないベクトルを介してサービス拒否(アサーションエラーおよびデーモン終了)を引き起こすことができます(CVE-2011-1528)。

MIT Kerberos 5(別名 krb5)1.8 ~ 1.8.4 および 1.9 ~ 1.9.1 の Key Distribution Center(KDC)の lookup_lockout_policy 関数により(db2(別名 Berkeley DB)または LDAP バックエンドが使用されるとき)、リモートの攻撃者は、特定の process_as_req エラーを発生させるベクトルを介してサービス拒否(NULL ポインターデリファレンスおよびデーモンクラッシュ)を引き起こすことができます(CVE-2011-1529)。

更新パッケージには、これらの問題を修正するため、パッチが適用されています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 61933

ファイル名: mandriva_MDVSA-2011-159.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

公開日: 2012/9/6

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5, p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5-pkinit-openssl, p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5-server, p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5-server-ldap, p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5-workstation, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64krb53, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64krb53-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libkrb53, p-cpe:/a:mandriva:linux:libkrb53-devel, cpe:/o:mandriva:linux:2011

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/10/22

参照情報

CVE: CVE-2011-1527, CVE-2011-1528, CVE-2011-1529

BID: 50273

MDVSA: 2011:159