Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ: glibc (MDVSA-2011:179)

medium Nessus プラグイン ID 61938
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 4.7

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

glibc で複数の脆弱性が見つかり、修正されました:

GNU C ライブラリ(別名glibc または libc6) 2.13 とそれ以前の addmntent 関数は、/etc/mtab ファイルへの書き込み失敗についてエラーステータスを報告しません。そのため RLIMIT_FSIZE 値が小さい際のプロセス書き込みで示されたように、ローカルのユーザーがこのファイルの破損を簡単に発生させられるようになります。これは CVE-2010-0296 とは異なる脆弱性です(CVE-2011-1089)。

GNU C ライブラリ(別名glibc または libc6)2.13 および以前の posix/fnmatch.c における整数オーバーフローによりコンテキスト依存の攻撃者が、細工されたパターン引数と fnmatch 呼び出しに使用される長い UTF8 文字列を介して、サービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こすことができます。これは CVE-2011-1071 とは別の脆弱性です(CVE-2011-1659)。

1.1 以前の crypt_blowfish は特定のプラットフォームの glibc で使用された場合に、8 ビット文字を正しく処理しないため、コンテキスト依存の攻撃者はパスワードハッシュの知識を活用することで、平文パスワードを簡単に決定できるようになります(CVE-2011-2483)。

更新パッケージには、これらの問題を修正するため、パッチが適用されています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 61938

ファイル名: mandriva_MDVSA-2011-179.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

公開日: 2012/9/6

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 4.7

CVSS v2.0

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:glibc, p-cpe:/a:mandriva:linux:glibc-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:glibc-doc, p-cpe:/a:mandriva:linux:glibc-doc-pdf, p-cpe:/a:mandriva:linux:glibc-i18ndata, p-cpe:/a:mandriva:linux:glibc-profile, p-cpe:/a:mandriva:linux:glibc-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:glibc-utils, p-cpe:/a:mandriva:linux:nscd, cpe:/o:mandriva:linux:2011

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/11/25

参照情報

CVE: CVE-2011-1089, CVE-2011-1659, CVE-2011-2483

BID: 46740, 49241

MDVSA: 2011:179