Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x i386/x86_64 の quagga

high Nessus プラグイン ID 62094

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

bgpd デーモンが正しくない形式の Extended Communities パス属性を処理する方法に、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者が、特別に細工された BGP メッセージを送信し、ターゲットシステムの bgpd をクラッシュさせたり、bgpd の実行ユーザーの権限で任意のコードを実行したりすることが可能です。UPDATE メッセージは、本来は明示的に構成された BGP ピアから到達する必要がありますが、BGP ネットワークの他の場所から発信される可能性があります。(CVE-2011-3327)

bgpd デーモンが正しくない形式のルートの Extended Communities 属性を処理する方法で、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。構成済みの BGP ピアにより、特別に細工された BGP メッセージを介してターゲットシステム上の bgpd がクラッシュする可能性があります。(CVE-2010-1674)

ospf6d デーモンが正しくない形式の Link State Update パケットを処理する方法で、スタックベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。OSPF ルーターがこの欠陥を悪用して、隣接ルーターの ospf6d をクラッシュさせることが可能です。
(CVE-2011-3323)

ospf6d デーモンが正しくない形式のリンクステート広告を処理する方法で欠陥が見つかりました。OSPF ネイバーがこの欠陥を悪用して、ターゲットシステムの ospf6d をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2011-3324)

ospfd デーモンが正しくない形式の Hello パケットを処理する方法で欠陥が見つかりました。OSPF ネイバーがこの欠陥を悪用して、ターゲットシステムの ospfd をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2011-3325)

ospfd デーモンが正しくない形式の Link State 広告を処理する方法で欠陥が見つかりました。自律システムの OSPF ルーターがこの欠陥を悪用して、ターゲットシステムの ospfd をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2011-3326)

ospfd デーモンが特定の Link State Update パケットを処理する方法でアサーション エラーが見つかりました。OSPF ルーターがこの欠陥を悪用して、隣接ルーターの ospfd を中止させる可能性があります。(CVE-2012-0249)

ospfd デーモンが特定の Link State Update パケットを処理する方法でバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。OSPF ルーターがこの欠陥を利用して、隣接ルーターの ospfd をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2012-0250)

CVE-2011-3327、CVE-2011-3323、CVE-2011-3324、CVE-2011-3325、および CVE-2011-3326 を報告してくれた CERT-FI、ならびに CVE-2012-0249 および CVE-2012-0250 を報告してくれた CERT/CC に感謝の意を表します。CERT-FI は、Codenomicon CROSS プロジェクトの Riku Hietamäki、Tuomo Untinen、および Jukka Taimisto を CVE-2011-3327、CVE-2011-3323、CVE-2011-3324、CVE-2011-3325、および CVE-2011-3326 の最初の報告者と認識しています。CERT/CC は、OpenSourceRouting.org の Martin Winter を CVE-2012-0249 および CVE-2012-0250 の最初の報告者と認識しています。

更新済みパッケージのインストール後、bgpd、ospfd、ospf6d デーモンは自動的に再起動します。

ソリューション

影響を受ける quagga、quagga-contrib、および/または quagga-devel を更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?242862fd

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 62094

ファイル名: sl_20120912_quagga_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/9/14

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:quagga, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:quagga-contrib, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:quagga-devel, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2012/9/12

脆弱性公開日: 2011/3/29

参照情報

CVE: CVE-2010-1674, CVE-2011-3323, CVE-2011-3324, CVE-2011-3325, CVE-2011-3326, CVE-2011-3327, CVE-2012-0249, CVE-2012-0250