GLSA-201209-04:BIND:複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 62237

概要

リモートの Gentoo ホストでは、セキュリティに関連するパッチが少なくとも 1 つ不足しています。

説明

モートホストは、GLSA-201209-04 で説明されている脆弱性の影響を受けます(BIND:複数の脆弱性)

BIND に複数の脆弱性が発見されました:
キャッシュ更新ポリシーのエラーにより、ドメイン名が適切に失効しません(CVE-2012-1033)。
BIND は、ゼロレングスの RDATA フィールドのレコードを受け入れます(CVE-2012-1667)。
DNSSEC 検証有効時、失敗したクエリのキャッシュからのアサーション障害が発生する可能性があります(CVE-2012-3817)。
TCP クエリの負荷が高いとき、メモリリークが発生する可能性があります(CVE-2012-3868)。
RDATA が 65535 バイトを超えるレコードに対してクエリが実行されたとき、アサーションエラーが発生する可能性があります(CVE-2012-4244)。
影響:

リモートの攻撃者が、サービス拒否状態を引き起こしたり、ドメイン名が登録から削除された後も解析可能に維持できる可能性があります。
回避策:

現時点で、既知の回避策はありません。

ソリューション

BIND の全ユーザーは、最新バージョンにアップグレードする必要があります:
# emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=net-dns/bind-9.9.1_p3'

関連情報

https://security.gentoo.org/glsa/201209-04

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 62237

ファイル名: gentoo_GLSA-201209-04.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

公開日: 2012/9/24

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8.5

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:gentoo:linux:bind, cpe:/o:gentoo:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Gentoo/release, Host/Gentoo/qpkg-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/9/24

参照情報

CVE: CVE-2012-1033, CVE-2012-1667, CVE-2012-3817, CVE-2012-3868, CVE-2012-4244

BID: 51898, 53772, 54658, 54659, 55522

GLSA: 201209-04