Ubuntu 10.04 LTS / 11.04 / 11.10 / 12.04 LTS:firefox の脆弱性(USN-1608-1)

critical Nessus プラグイン ID 62515

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Firefox で使用されているブラウザエンジンに、メモリ破損の欠陥が存在することが判明しました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web ページを開いた場合、リモートの攻撃者が Firefox をクラッシュさせたり、プログラムを呼び出したユーザーとして任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2012-4191)

Firefox が Location オブジェクトへの不適切なアクセスを許容していることが判明しました。攻撃者がこの欠陥を悪用して、機密情報を入手することがあります。(CVE-2012-4192)。

ソリューション

影響を受ける firefox パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1608-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 62515

ファイル名: ubuntu_USN-1608-1.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/10/12

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.04, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/10/11

脆弱性公開日: 2012/10/12

参照情報

CVE: CVE-2012-4191, CVE-2012-4192

BID: 55889

USN: 1608-1