Ubuntu 10.04 LTS / 11.04 / 11.10 / 12.04 LTS / 12.10:openjdk-6、openjdk-7 の脆弱性(USN-1619-1)

critical Nessus プラグイン ID 62709

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

OpenJDK JRE にいくつかの情報漏洩の脆弱性が発見されました。(CVE-2012-3216、 CVE-2012-5069、CVE-2012-5072、CVE-2012-5075、 CVE-2012-5077、CVE-2012-5085)

情報漏洩およびデータ整合性に関連する脆弱性が OpenJDK JRE で発見されました。(CVE-2012-4416、CVE-2012-5071)

情報漏洩およびデータ整合性に関連した、複数の脆弱性が OpenJDK JRE で発見されました。攻撃者がこれらを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2012-1531、CVE-2012-1532、CVE-2012-1533、 CVE-2012-3143、CVE-2012-3159、CVE-2012-5068、 CVE-2012-5083、CVE-2012-5084、CVE-2012-5086、 CVE-2012-5089)

OpenJDK JRE に情報漏洩の脆弱性が発見されました。これらの問題の影響を受けるのは、Ubuntu 12.10 のみです。(CVE-2012-5067、CVE-2012-5070)

データ整合性に関連する脆弱性が OpenJDK JRE で発見されました。(CVE-2012-5073、CVE-2012-5079)

OpenJDK JRE で、情報漏洩とデータ整合性に関連する脆弱性が発見されました。この問題の影響を受けるのは、Ubuntu 12.10 のみです。(CVE-2012-5074)

情報漏洩およびデータ整合性に関連した、複数の脆弱性が OpenJDK JRE で発見されました。攻撃者がこれらを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。これらの問題の影響を受けるのは、Ubuntu 12.10 のみです。(CVE-2012-5076、 CVE-2012-5087、CVE-2012-5088)

OpenJDK でサービス拒否の脆弱性が見つかりました。
(CVE-2012-5081)

詳細については、次を参照してください:
http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/javacpuoct2012-1515924.html

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1619-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 62709

ファイル名: ubuntu_USN-1619-1.nasl

バージョン: 1.23

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/10/26

更新日: 2022/3/29

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:icedtea-6-jre-cacao, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:icedtea-6-jre-jamvm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:icedtea-7-jre-cacao, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:icedtea-7-jre-jamvm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-6-jre, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-6-jre-headless, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-6-jre-lib, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-6-jre-zero, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-7-jre, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-7-jre-headless, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-7-jre-lib, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-7-jre-zero, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.04, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/10/26

脆弱性公開日: 2012/10/16

CISAの既知の悪用日: 2022/4/18

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Java Applet Method Handle Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2012-1531, CVE-2012-1532, CVE-2012-1533, CVE-2012-3143, CVE-2012-3159, CVE-2012-3216, CVE-2012-4416, CVE-2012-5067, CVE-2012-5068, CVE-2012-5069, CVE-2012-5070, CVE-2012-5071, CVE-2012-5072, CVE-2012-5073, CVE-2012-5074, CVE-2012-5075, CVE-2012-5076, CVE-2012-5077, CVE-2012-5079, CVE-2012-5081, CVE-2012-5083, CVE-2012-5084, CVE-2012-5085, CVE-2012-5086, CVE-2012-5087, CVE-2012-5088, CVE-2012-5089

BID: 55501, 56025, 56033, 56039, 56046, 56051, 56055, 56056, 56058, 56059, 56061, 56065, 56067, 56070, 56072, 56075, 56076, 56079, 56080, 56081, 56082, 56083

USN: 1619-1