Ubuntu 8.04 LTS / 10.04 LTS / 11.10 / 12.04 / 12.10:apache2 脆弱性(USN-1627-1)

low Nessus プラグイン ID 62869

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

mod_negotiation モジュールが特定のファイル名を不適切に処理していたことが判明しました。これにより、出力処理時にブラウザがクロスサイトスクリプティング攻撃に対して脆弱になる可能性があります。クロスサイトスクリプティングの脆弱性により、ユーザーが騙されて、細工されたサーバーリクエストにサーバー出力を表示すると、リモートの攻撃者はこれを悪用して同じドメイン内でコンテンツを修正したり、機密データ(パスワードなど)を盗んだりする可能性があります。
(CVE-2012-2687)

Apache HTTP Server が「CRIME」SSL データ圧縮攻撃に脆弱であることが判明しました。この問題は、より新しいブラウザのクライアントで緩和されていますが、この更新では SSL データ圧縮をサーバー上で無効化します。Apache 用の新しい SSLCompression ディレクティブがバックポートされています。これは、特定の環境において、SSL データ圧縮を再有効化するのに使用される可能性があります。詳細については、次を参照してください。
http://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_ssl.html#sslcompression(CVE-2012-4929)

ソリューション

影響を受ける apache2.2-common パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1627-1/

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 62869

ファイル名: ubuntu_USN-1627-1.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/11/9

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.6

Temporal Score: 1.9

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:apache2.2-common, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:8.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/11/8

脆弱性公開日: 2012/8/22

参照情報

CVE: CVE-2012-2687, CVE-2012-4929

BID: 55131, 55704

USN: 1627-1