Ubuntu 8.04 LTS / 10.04 LTS / 11.10 / 12.04 LTS / 12.10:perl の脆弱性(USN-1643-1)

high Nessus プラグイン ID 63109

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Encode モジュールの decode_xs 関数が、細工された Unicode 文字列を通じたヒープベースのバッファオーバーフローに対して脆弱であることが判明しました。攻撃者がこのオーバーフローを利用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-2939)

Digest モジュールの「new」コンストラクターが、eval インジェクションに対して脆弱であることが判明しました。攻撃者がこれを利用して、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2011-3597)

Perl の「x」文字列の繰り返し演算子がヒープベースのバッファオーバーフローに対して脆弱であることが判明しました。攻撃者がこれを利用して、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2012-5195)

Ryo Anazawa 氏は、CGI.pm モジュールが Set-Cookie または P3P(Platform for Privacy Preferences Project)ヘッダーの改行を適切にエスケープしないことを発見しました。攻撃者がこれを利用して、任意のヘッダーを、CGI.pm を使用するアプリケーションからの応答に注入する可能性があります。
(CVE-2012-5526)。

ソリューション

影響を受ける perl パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1643-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 63109

ファイル名: ubuntu_USN-1643-1.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/11/30

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:perl, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:8.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/11/29

脆弱性公開日: 2012/1/13

参照情報

CVE: CVE-2011-2939, CVE-2011-3597, CVE-2012-5195, CVE-2012-5526

BID: 49858, 49911, 56287, 56562

USN: 1643-1