Microsoft Windows の引用符のないサービスパスの列挙

high Nessus プラグイン ID 63155

概要

リモート Windows ホストに、引用符のないサービスパスを使用するサービスが、少なくとも 1 つインストールされています。

説明

リモート Windows ホストには、少なくとも 1 つの空白を含む引用符のないサービスパスを使用するサービスが、少なくとも 1 つインストールされています。ローカルの攻撃者が、影響を受けるサービスのパスに実行可能ファイルを挿入することで、権限を昇格する可能性があります。

注意:これは前述の脆弱性の影響を受ける任意のアプリケーションに注意を与える一般的なテストです。

ソリューション

パスに空白を含むサービスが、引用符でそのパスを囲むようにしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?84a4cc1c

http://cwe.mitre.org/data/definitions/428.html

https://www.commonexploits.com/unquoted-service-paths/

http://www.nessus.org/u?4aa6acbc

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 63155

ファイル名: smb_enum_unquoted_service_paths.nasl

バージョン: 1.23

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2012/12/5

更新日: 2023/10/27

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 5.4

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-0759

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/Services/Enumerated

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2012/9/15

エクスプロイト可能

Metasploit (Windows Service Trusted Path Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2013-1609, CVE-2014-0759, CVE-2014-5455

BID: 58591, 58617, 65873, 68520

ICSA: 14-058-01