freeFTPd / freeSSHd の SFTP における認証バイパス

high Nessus プラグイン ID 63223

概要

リモートホストで実行されている SFTP サーバーには、認証バイパスの脆弱性があります。

説明

freeFTPd または freeSSHd に含まれる SFTP サーバーには、認証バイパスの脆弱性があります。認証情報の提供前に SSH チャネルを開くことで、認証をバイパスすることが可能です。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、認証情報を提供せずにログインする可能性があります。

ログイン後、特別に細工されたファイルをアップロードすると、SYSTEM として任意のコードが実行される可能性があります。詳細については、研究者のアドバイザリを参照してください。

ソリューション

現時点で既知の解決策はありません。

関連情報

https://seclists.org/fulldisclosure/2010/Aug/132

https://seclists.org/fulldisclosure/2012/Dec/10

https://seclists.org/fulldisclosure/2012/Dec/11

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 63223

ファイル名: freeftpd_sftp_auth_bypass.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2012/12/11

更新日: 2020/6/12

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2012-6067

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:U/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.3

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:F/RL:U/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:freeftpd:freeftpd, cpe:/a:freesshd:freesshd

除外される KB アイテム: global_settings/supplied_logins_only

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

脆弱性公開日: 2010/8/11

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Freesshd Authentication Bypass)

参照情報

CVE: CVE-2012-6066, CVE-2012-6067

BID: 56782, 56785

EDB-ID: 23079, 23080, 24133