USN-1673-1 : linux-ti-omap4 の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 63299

概要

リモートのUbuntuホストに1つまたは複数のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

Linux カーネルの新しいホットプラグで挿入されたメモリの処理する方法に、欠陥が見つかりました。権限がないローカルのユーザーが、この欠陥を悪用して、システムをクラッシュさせることにより、サービス拒否を引き起こす可能性があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.ubuntu.com/usn/usn-1673-1/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 63299

ファイル名: ubuntu_USN-1673-1.nasl

バージョン: Revision: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/12/19

更新日: 2016/12/1

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4

ベクトル: AV:L/AC:H/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux

必要な KB アイテム: Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2012/12/19

参照情報

CVE: CVE-2012-5517

USN: 1673-1