Debian DSA-2608-1:qemu - バッファオーバーフロー

high Nessus プラグイン ID 63557

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

QEMU の e1000 エミュレーションコードが、実際のハードウェアと同じ方法でフレームサイズ制限を矯正しないことが判明しました。
これにより、ネットワークカード用のゲストオペレーティングシステムドライバーでバッファオーバーフローが発生させられ、ホストシステムがそのようなフレームを破棄したと仮定します(デフォルトではこのように動作します)。

ソリューション

qemu パッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(squeeze)では、この問題はバージョン 0.12.5+dfsg-3squeeze3 で修正されています。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=696051

https://packages.debian.org/source/squeeze/qemu

https://www.debian.org/security/2013/dsa-2608

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 63557

ファイル名: debian_DSA-2608.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/1/16

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu, cpe:/o:debian:debian_linux:6.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2013/1/15

参照情報

CVE: CVE-2012-6075

DSA: 2608