CentOS 5:カーネル(CESA-2013:0168)

medium Nessus プラグイン ID 63670
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

3 つのセキュリティ問題および複数のバグを修正する更新済みカーネルパッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 5 で使用できるようになりました。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

この更新では以下のセキュリティ上の問題が修正されます:

* Xen ハイパーバイザーの実装は、複数のハイパーコールで値を提供したゲスト上で範囲チェックを行わないことが判明しました。権限のあるゲストユーザーはこの欠陥を利用して、長いループを発生させでき、サービス拒否を引き起こすことがあります(Xen ハイパーバイザーのハング)。(CVE-2012-5515、重要度中)

* 大量の共有ライブラリを使用する 32 ビットバイナリを実行する際、ライブラリの 1 つが、メモリ内の予測可能な場所に位置していることが見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、アドレス空間配置のランダム化(ASLR)のセキュリティ機能をバイパスする可能性があります。(CVE-2012-1568、重要度低)

* Linux カーネルの IPv6 実装が、オーバーラッピングしているフラグメント化された IPv6 パケットを処理する方法で、欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、ターゲットシステムへネットワークパケットを送信する際に、保護メカニズム(ファイアウォールや侵入検知システム(IDS)など)をバイパスする可能性があります。(CVE-2012-4444、重要度低)

Red Hat は、CVE-2012-5515 を報告してくれた Xen プロジェクト、Beyond Security の SecuriTeam Secure Disclosure プログラムと共に活動している Antonios Atlasis 氏、CVE-2012-4444 を報告してくれた AFRINIC の Loganaden Velvindron 氏に感謝の意を表します。

この更新は、いくつかのバグも修正します。スペースの関係で、変更すべてを文書化しこのアドバイザリに反映されているわけではありません。これらの変更についてのドキュメントは、参照セクションでリンクされている Red Hat Enterprise Linux 5.9 テクニカルノート文書から間もなく入手できるようになります。

ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決する必要があります。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?3ca10d7c

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 63670

ファイル名: centos_RHSA-2013-0168.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/1/24

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2012-4444

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:kernel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-PAE, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-PAE-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-doc, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-headers, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-xen, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-xen-devel, cpe:/o:centos:centos:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/1/23

脆弱性公開日: 2012/12/13

参照情報

CVE: CVE-2012-1568, CVE-2012-4444, CVE-2012-5515

BID: 52687, 56798, 56891

RHSA: 2013:0168