AIX 6.1 TL 4:sendmail(IZ70637)

high Nessus プラグイン ID 63799
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート AIXホストにセキュリティパッチがありません。

説明

8.14.4 以前の sendmail は、X.509 証明書の Common Name(CN)フィールドの「\0」文字を適切に処理していませんでした。これにより、 (1) 中間者攻撃を行う攻撃者は、正規の認証局が発行した、細工されたサーバー証明書から任意の SSL ベースの SMTP サーバーを偽装することができます。また、(2) リモートの攻撃者は、正規の認証局が発行した、細工されたクライアント証明書から意図されたアクセス制限をバイパスすることができます。この問題は、CVE-2009-2408 に関連しています。

ソリューション

適切な暫定修正をインストールしてください。

関連情報

http://aix.software.ibm.com/aix/efixes/security/sendmail_advisory.asc

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 63799

ファイル名: aix_IZ70637.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

ファミリー: AIX Local Security Checks

公開日: 2013/1/24

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:ibm:aix:6.1

必要な KB アイテム: Host/AIX/lslpp, Host/local_checks_enabled, Host/AIX/version

パッチ公開日: 2010/3/29

脆弱性公開日: 2010/3/29

参照情報

CVE: CVE-2009-4565

IAVA: 2010-A-0002

CWE: 310