RHEL 5:カーネル(RHSA-2010:0148)

high Nessus プラグイン ID 63921
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 4.4

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

2 つのセキュリティ問題と複数のバグを修正する更新済みのカーネルパッケージが、Red Hat Enterprise Linux 5.2 Extended Updated Support で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

この更新では以下のセキュリティ上の問題が修正されます:

* Linux カーネルのストリーム制御転送プロトコル(SCTP)の実装における sctp_rcv_ootb() 関数に、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が、特別に細工された SCTP パケットをターゲットシステムに送信する可能性があります。これにより、サービス拒否が引き起こされます。(CVE-2010-0008、重要度高)

* Linux カーネルの ip6_dst_lookup_tail() 関数に、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。ローカルネットワークの攻撃者は IPv6 トラフィックをターゲットシステムに送信することでこの欠陥を発生させ、IPv6 パケットを受信する際に dst->neighbour がターゲットシステム上で NULL である場合、システムクラッシュ(カーネル OOPS)を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-0437、重要度高)

この更新は以下のバグも修正します:

* x86 でコンパイルされたプログラムや sched_rr_get_interval() を呼び出すプログラムは、64 ビットシステムで実行されると警告なしで破損しました。この更新では、そのようなプログラムが sched_rr_get_interval() を 64 ビットのシステムで呼び出そうとすると、 sys32_sched_rr_get_interval() が変わりに呼び出され、この問題が解決されます。(BZ#557682)

* RHSA-2010:0079 が提供する CVE-2009-4538 の修正では回帰が取り込まれ、 Intel PRO/1000 Linux ドライバー e1000e を使用するネットワークデバイスに対して Wake on LAN (WoL) の動作を妨げます。そのようなデバイスに対して WoL の構成を試行すると、有効なオプションを構成していても以下のエラーが発生します:

「Cannot set new wake-on-lan settings: Operation not supported not setting wol」(新しい wake-on-lan を設定できません:wol が未設定の場合の操作はサポートしていません)

この更新はこの回帰を解決し、e1000e ドライバーを使用するネットワークデバイスに対して、WoL が予想通りに動作します。(BZ#559333)

* Intel 64 と AMD64 のシステムの copy_user ルーチンで、多数のバグが修正されました。このうちの 1 つが、データ破損を引き起こす可能性がありました。(BZ#568305)

* 一部のシステムで、inode ベースのファイルイベント通知の実装にある競合状態により、ソフトの検索や次のメッセージが引き起こされていました:

「BUG: warning at fs/inotify.c:181/set_dentry_child_flags()」「BUG: soft lockup - CPU#[x] が 10 秒にわたりフリーズしていました!」

この更新は、この競合状態を解決し、コードの競合状態による、カーネルからの inotify デバッギングコードを削除します。
(BZ#568662)

* posix_fadvise() を呼び出すプログラムが x86 でコンパイルされ、その後 64 ビットシステム上で実行された場合、そのプログラムに様々な問題が生じる可能性があります。これには、パフォーマンスの問題や、posix_fadvise() への呼び出しの失敗などが含まれ、プログラムが期待通りに実行しなかったり、最悪中止する場合もあります。
この更新では、そのようなプログラムが posix_fadvise() を 64 ビットのシステムで呼び出そうとすると、sys32_fadvise64() が変わりに呼び出され、この問題が解決されます。また、この更新は、64 ビットシステムで誤って呼び出されていた、その他の 32 ビットシステムの呼び出しを修正しています(kernel-xen カーネルを実行しているシステムを含む)。(BZ#569595)

ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決する必要があります。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.redhat.com/security/data/cve/CVE-2010-0008.html

https://www.redhat.com/security/data/cve/CVE-2010-0437.html

http://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2010-0148.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 63921

ファイル名: redhat-RHSA-2010-0148.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/1/24

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 4.4

CVSS v2.0

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/3/16

参照情報

CVE: CVE-2010-0008, CVE-2010-0437

BID: 38185

RHSA: 2010:0148