Oracle Java SE の複数の脆弱性(February 2013 CPU)

critical Nessus プラグイン ID 64454
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 9

概要

リモート Windows ホストのプログラミングプラットフォームが、複数の脆弱性による影響を受ける可能性があります。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle(旧 Sun)Java SE または Java for Business のバージョンが、7 Update 13 や 6 Update 39 より前、または、5 Update 38 や 1.4.2 Update 40 またはそれより前のものです。そのため、以下のコンポーネントでセキュリティ問題の影響を受ける可能性があります:

- 2D
- AWT
- Beans
- CORBA
- デプロイメント
- インストール
- JavaFX
- JAXP
- JAX-WS
- JMX
- JSSE
- ライブラリ
- ネットワーク
- RMI
- スクリプト
- サウンド

ソリューション

JDK/JRE 7 Update 13、6 Update 39、または以降に更新し、必要に応じて影響を受けるバージョンを削除してください。

関連情報

https://seclists.org/fulldisclosure/2013/Feb/12

http://www.security-explorations.com/en/SE-2012-01-details.html

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-010/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-011/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-012/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-013/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-022/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-023/

http://www.nessus.org/u?a915dbbd

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 64454

ファイル名: oracle_java_cpu_feb_2013.nasl

バージョン: 1.23

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2013/2/4

更新日: 2018/11/15

依存関係: sun_java_jre_installed.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 9

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:2.3:a:oracle:jdk:*:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:a:oracle:jre:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: SMB/Java/JRE/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/2/1

脆弱性公開日: 2013/1/19

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Java Applet JMX Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2012-1541, CVE-2012-1543, CVE-2012-3213, CVE-2012-3342, CVE-2012-4301, CVE-2012-4305, CVE-2013-0351, CVE-2013-0409, CVE-2013-0419, CVE-2013-0423, CVE-2013-0424, CVE-2013-0425, CVE-2013-0426, CVE-2013-0427, CVE-2013-0428, CVE-2013-0429, CVE-2013-0430, CVE-2013-0431, CVE-2013-0432, CVE-2013-0433, CVE-2013-0434, CVE-2013-0435, CVE-2013-0436, CVE-2013-0437, CVE-2013-0438, CVE-2013-0439, CVE-2013-0440, CVE-2013-0441, CVE-2013-0442, CVE-2013-0443, CVE-2013-0444, CVE-2013-0445, CVE-2013-0446, CVE-2013-0447, CVE-2013-0448, CVE-2013-0449, CVE-2013-0450, CVE-2013-1472, CVE-2013-1473, CVE-2013-1474, CVE-2013-1475, CVE-2013-1476, CVE-2013-1477, CVE-2013-1478, CVE-2013-1479, CVE-2013-1480, CVE-2013-1481, CVE-2013-1482, CVE-2013-1483, CVE-2013-1489

BID: 57681, 57682, 57683, 57684, 57685, 57686, 57687, 57688, 57689, 57690, 57691, 57692, 57693, 57694, 57695, 57696, 57697, 57699, 57700, 57701, 57702, 57703, 57704, 57705, 57706, 57707, 57708, 57709, 57710, 57711, 57712, 57713, 57714, 57715, 57716, 57717, 57718, 57719, 57720, 57721, 57722, 57723, 57724, 57725, 57726, 57727, 57728, 57729, 57730, 57731

CERT: 858729

EDB-ID: 24539