Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:java-1.6.0-openjdk(MDVSA-2013:010)

critical Nessus プラグイン ID 64563
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティの問題が確認されていて、OpenJDK で修正されています(icedtea6)。

- S6563318、CVE-2013-0424:RMI データサニタイズ

- S6664509、CVE-2013-0425:ロギングコンテキストを追加します

- S6664528、CVE-2013-0426:構築時間で与えられた名前または値に一致するログレベルを検索します

- S6776941:CVE-2013-0427:スレッドプールシャットダウンを改善します

- S7141694、CVE-2013-0429:CORBA の内部を改善します

- S7173145:スプラッシュスクリーンのインメモリ表現を改善します

- S7186945:Unpack200 を改善します

- S7186946:アンパッカーリソース使用率の精度を改善します

- S7186948:Swing データの検証を改善します

- S7186952、CVE-2013-0432:クリップボードのアクセスを改善します

- S7186954:接続パフォーマンスを改善します

- S7186957:Pack200 データの検証を改善します

- S7192392、CVE-2013-0443:クライアントキーの検証を改善します

- S7192393、CVE-2013-0440:TLS メッセージの順番のチェックを改善します

- S7192977、CVE-2013-0442:ツールキットスレッドの問題

- S7197546、CVE-2013-0428:(プロキシ)リフレクティブプロキシ作成を反映します

- S7200491:JTable レイアウトコードを強化します

- S7200500:ランチャーの改善された入力検証

- S7201064:ダイアログのチェックを改善します

- S7201066、CVE-2013-0441:未使用フィールドの修飾子を変更します

- S7201068、CVE-2013-0435:UI 要素の処理を改善します

- S7201070:プロトコルへ準拠するためのシリアル化

- S7201071、CVE-2013-0433:InetSocketAddress のシリアル化の問題

- S8000210:JarFile コードの品質を改善します

- S8000537、CVE-2013-0450:RequiredModelMBean クラスをコンテキスト化します

- S8000540、CVE-2013-1475:IIOP タイプ再利用の管理を改善します

- S8000631、CVE-2013-1476:クラスコンストラクターへのアクセスを制限します

- S8001235、CVE-2013-0434:JAXP HTTP 処理を改善します

- S8001242:RMI HTTP への準拠を改善します

- S8001307:ACC_SUPER の挙動を修正します

- S8001972、CVE-2013-1478:画像処理を改善します

- S8002325、CVE-2013-1480:画像管理を改善します

- バックポート

- S7010849:sa-jdi をビルドする際の 5/5 無関係な javac ソース/ターゲットオプション

更新済みパッケージが icedtea6-1.11.6 を提供していて、このパッケージはこれらの問題に対して脆弱ではありません。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?e15a1d25

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 64563

ファイル名: mandriva_MDVSA-2013-010.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

公開日: 2013/2/12

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:java-1.6.0-openjdk, p-cpe:/a:mandriva:linux:java-1.6.0-openjdk-demo, p-cpe:/a:mandriva:linux:java-1.6.0-openjdk-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:java-1.6.0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:mandriva:linux:java-1.6.0-openjdk-src, cpe:/o:mandriva:linux:2011

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/2/11

参照情報

CVE: CVE-2013-0424, CVE-2013-0425, CVE-2013-0426, CVE-2013-0428, CVE-2013-0429, CVE-2013-0432, CVE-2013-0433, CVE-2013-0434, CVE-2013-0435, CVE-2013-0440, CVE-2013-0441, CVE-2013-0442, CVE-2013-0443, CVE-2013-0450, CVE-2013-1475, CVE-2013-1476, CVE-2013-1478, CVE-2013-1480

BID: 57686, 57687, 57691, 57692, 57694, 57696, 57702, 57703, 57709, 57710, 57711, 57712, 57713, 57715, 57719, 57727, 57729, 57730

MDVSA: 2013:010