Oracle Java SE 複数の脆弱性(2010 年 10 月 CPU)(Unix)

critical Nessus プラグイン ID 64843

概要

リモート Unix ホストに、複数の脆弱性の影響を受けるプログラミングプラットフォームがあります。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle(旧 Sun)Java SE または Java for Business は、6 Update 22 / 5.0 Update 26 / 1.4.2_28 より前のバージョンです。このようなバージョンは、以下のコンポーネントで、セキュリティ問題の影響を受ける可能性があります。

- CORBA
- Deployment
- Deployment Toolkit
- Java 2D
- Java Web Start
- JNDI
- JRE
- JSSE
- Kerberos
- Networking
- New Java Plug-in
- Sound
- Swing

ソリューション

JDK / JRE 6 Update 22、JDK 5.0 Update 26、SDK 1.4.2_28 または以降に更新し、必要であれば、影響を受けるバージョンを削除してください。

JDK 5.0 Update 26 または以降を入手するには、Oracle の延長サポート契約が必要なことに、注意してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?bc96963b

http://www.oracle.com/technetwork/java/eol-135779.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 64843

ファイル名: oracle_java_cpu_oct_2010_unix.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2013/2/22

更新日: 2022/4/11

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre

必要な KB アイテム: Host/Java/JRE/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/10/12

脆弱性公開日: 2010/10/12

エクスプロイト可能

CANVAS (D2ExploitPack)

Core Impact

Metasploit (Sun Java Web Start BasicServiceImpl Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2009-3555, CVE-2010-1321, CVE-2010-3541, CVE-2010-3548, CVE-2010-3549, CVE-2010-3550, CVE-2010-3551, CVE-2010-3552, CVE-2010-3553, CVE-2010-3554, CVE-2010-3555, CVE-2010-3556, CVE-2010-3557, CVE-2010-3558, CVE-2010-3559, CVE-2010-3560, CVE-2010-3561, CVE-2010-3562, CVE-2010-3563, CVE-2010-3565, CVE-2010-3566, CVE-2010-3567, CVE-2010-3568, CVE-2010-3569, CVE-2010-3570, CVE-2010-3571, CVE-2010-3572, CVE-2010-3573, CVE-2010-3574

BID: 43856, 43965, 43971, 43979, 43985, 43988, 43992, 43994, 43999, 44009, 44011, 44012, 44013, 44014, 44016, 44017, 44020, 44021, 44023, 44024, 44026, 44027, 44028, 44030, 44032, 44035, 44038, 44040

SECUNIA: 41791

CWE: 310