Oracle Java SE の複数の脆弱性(2013 年 2 月 CPU 更新 1)(Unix)

critical Nessus プラグイン ID 64851

概要

リモート Unix ホストに、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があるプログラミングプラットフォームがあります。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle(旧 Sun)Java SE または Java for Business のバージョンが、7 Update 15、 6 Update 41、5 Upate 40、または 1.4.2 Update 42 以前です。そのため、以下のコンポーネントでセキュリティ問題の影響を受ける可能性があります:

- ディプロイメント
- JMX
- JSSE
- ライブラリ

ソリューション

JDK/JRE 7 Update 15、6 Update 41、5 Update 40、1.4.2 Update 42 以降に更新し、必要に応じて影響を受けるバージョンを削除してください。

注意:JDK / JRE 5 Update 40 以降を入手するには、 Oracle の延長サポート契約が必要です。

参考資料

http://www.isg.rhul.ac.uk/tls/

http://www.oracle.com/technetwork/java/eol-135779.html

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-041/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-042/

http://www.nessus.org/u?31376144

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 64851

ファイル名: oracle_java_cpu_feb_2013_1_unix.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2013/2/22

更新日: 2022/12/5

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.0

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre, cpe:/a:oracle:jdk

必要な KB アイテム: Host/Java/JRE/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/2/19

脆弱性公開日: 2013/2/19

参照情報

CVE: CVE-2013-0169, CVE-2013-1484, CVE-2013-1485, CVE-2013-1486, CVE-2013-1487

BID: 57778, 58027, 58028, 58029, 58031