CentOS 5 / 6:gnutls (CESA-2013:0588)

medium Nessus プラグイン ID 65032

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

1 つのセキュリティの問題を修正する更新済みの gnutls パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 5 および 6 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

GnuTLS ライブラリは、暗号アルゴリズムおよび Transport Layer Security(TLS)のようなプロトコルのサポートを提供します。

CBC-モード暗号化パッケージを使用した場合、 TLS/SSL プロトコル暗号化レコードを復号する時に、GnuTLS がタイミング情報を漏洩することが分かりました。リモートの攻撃者はこの欠陥を利用して、パディングオラクルとして TLS/SSL サーバーを使用することで、暗号化パケットから平文を取得する可能性があります。(CVE-2013-1619)

GnuTLS のユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新パッケージへアップグレードし、この問題を修正することが推奨されます。更新した内容を反映させるには、 GnuTLS ライブラリにリンクされたすべてのアプリケーションを再起動するか、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける GnuTLS パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?ff89aea6

http://www.nessus.org/u?57a43881

http://www.nessus.org/u?e91c52b7

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 65032

ファイル名: centos_RHSA-2013-0588.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/3/6

更新日: 2021/1/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2013-1619

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4

Temporal Score: 3

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:gnutls, p-cpe:/a:centos:centos:gnutls-devel, p-cpe:/a:centos:centos:gnutls-guile, p-cpe:/a:centos:centos:gnutls-utils, cpe:/o:centos:centos:5, cpe:/o:centos:centos:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/3/8

脆弱性公開日: 2013/2/8

参照情報

CVE: CVE-2013-1619

BID: 57736, 57778

RHSA: 2013:0588