CentOS 6:ruby(CESA-2013:0612)

medium Nessus プラグイン ID 65166

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

2 件のセキュリティ問題を修正する更新された ruby パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 6 に使用できるようになります。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Ruby は拡張可能なインタープリタ型の、オブジェクト指向スクリプト言語です。テキストファイルを処理したり、システム管理タスクを実行する機能があります。

Ruby の REXML ライブラリが、XML エンティティ拡張を適切に制限しないことがわかりました。攻撃者はこの欠陥を利用して、REXML を使用する Ruby アプリケーションを騙して、特別に細工された XML コンテンツからテキストノードを読み込ませることでサービス拒否を引き起こす可能性があり、これによって REXML は大量のシステムメモリを消費することになります。(CVE-2013-1821)

RHSA-2011:0910 の更新が、CVE-2011-1005 の問題、つまり、例外メッセージを例外クラスの文字列に変換する方法にある欠陥を、適切に修正していないことが判明しました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、安全レベル 4 の制限をバイパスできます。これにより、信頼されていない(汚染した)コードが、任意の信頼されている(汚染していない)文字列を変更することが可能です。通常、このような動作は、安全レベル 4 の制限により防止されます。(CVE-2012-4481)

CVE-2012-4481 の問題が、Red Hat の Vit Ondruch 氏により発見されました。

ruby の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける Ruby パッケージを更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?c2063ca6

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 65166

ファイル名: centos_RHSA-2013-0612.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/3/10

更新日: 2021/1/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2013-1821

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:ruby-rdoc, p-cpe:/a:centos:centos:ruby-ri, p-cpe:/a:centos:centos:ruby-static, p-cpe:/a:centos:centos:ruby-tcltk, cpe:/o:centos:centos:6, p-cpe:/a:centos:centos:ruby, p-cpe:/a:centos:centos:ruby-devel, p-cpe:/a:centos:centos:ruby-docs, p-cpe:/a:centos:centos:ruby-irb, p-cpe:/a:centos:centos:ruby-libs

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/3/8

脆弱性公開日: 2013/4/9

参照情報

CVE: CVE-2012-4481, CVE-2013-1821

BID: 55813, 58141

RHSA: 2013:0612