Ubuntu 10.04 LTS:linux-lts-backport-oneiric の脆弱性(USN-1760-1)

medium Nessus プラグイン ID 65252

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Linux カーネルの Xen ネットバック(ネットワークバックエンド)ドライバーに、入力検証のエラーが見つかりました。ゲスト OS のユーザーはこの欠陥を悪用し、ゲスト OS およびその他ゲストドメインに対してサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-0216)

Linux カーネルの Xen ネットバック(ネットワークバックエンド)ドライバーに、メモリリークが見つかりました。ゲスト OS のユーザーがこの欠陥を引き起こし、システム上でサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-0217)

Andrew Jones は、Linux カーネルの Xen 仮想化の xen_iret 関数で欠陥を発見しました。32 ビットの Xen paravirt プラットフォームでは、権限のないゲスト OS ユーザーがこの欠陥を悪用して、サービス拒否(システムをクラッシュさせる)を引き起こしたり、ゲスト OS 権限を取得したりする可能性があります。
(CVE-2013-0228)

/dev/cpu/*/msr のために Linux カーネルにより行われる権限のチェックで、欠陥がレポートされました。全ての機能がドロップしたローカルの root ユーザーがこの欠陥を利用して、完全な root 権限でコードを実行する可能性があります。
(CVE-2013-0268)

KVM ベースの仮想マシンでゲストネットワークを加速するために使用される Linux カーネルの vhost ドライバーに、欠陥が見つかりました。権限のあるゲストユーザーがこの欠陥を悪用して、ホストシステムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2013-0311)

HIDP(ヒューマンインターフェイスデバイスプロトコル)サポートが有効化されている際の Linux カーネルの Bluetooth スタックに、情報漏洩が見つかりました。
権限のないローカルユーザーはこの欠陥を悪用して、カーネルからの情報を漏洩させる可能性があります。(CVE-2013-0349)

ディスクを utf8 オプション(Ubuntu ではデフォルト)でマウントした時に、 Linux カーネルの VFAT ファイルシステムドライバーに欠陥が発見されました。ディスク/イメージを自動マウントできる、または FAT ファイルシステムがマウントされているシステム上で、権限のないユーザーがこの欠陥を悪用して、 root 権限を取得できます。(CVE-2013-1773)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1760-1/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 65252

ファイル名: ubuntu_USN-1760-1.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/3/13

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: AV:A/AC:H/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.0-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.0-generic-pae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.0-server, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.0-virtual, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/3/12

脆弱性公開日: 2013/2/17

参照情報

CVE: CVE-2013-0216, CVE-2013-0217, CVE-2013-0228, CVE-2013-0268, CVE-2013-0311, CVE-2013-0349, CVE-2013-1773

BID: 57743, 57744, 57838, 57940, 58053, 58112, 58200

USN: 1760-1