RHEL 5 / 6:thunderbird(RHSA-2013:0697)

critical Nessus プラグイン ID 65781
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を修正する更新済みの Thunderbird パッケージが Red Hat Enterprise Linux 5、6 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Mozilla Thunderbird はスタンドアロンのメールおよびニュースグループクライアントです。

無効な形式のコンテンツの処理で、いくつかの欠陥が見つかりました。
悪意あるコンテンツが、Thunderbird をクラッシュさせたり、 Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2013-0788)

Thunderbird で同一オリジンラッパーが実装される方法で欠陥が見つかりました。悪意あるコンテンツがこの欠陥を利用して、同一生成元ポリシーをバイパスし、 Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2013-0795)

Thunderbird の埋め込み式 WebGL ライブラリに欠陥が見つかりました。
悪意あるコンテンツが、Thunderbird をクラッシュさせたり、 Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。注:この問題は、 Intel Mesa グラフィックスドライバーを使用しているシステムにしか影響を与えませんでした。(CVE-2013-0796)

Thunderbird の埋め込み式 Cairo ライブラリで範囲外書込み欠陥が見つかりました。悪意あるコンテンツが、Thunderbird をクラッシュさせたり、 Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2013-0800)

JavaScript の履歴機能を Thunderbird が処理する方法で、欠陥が見つかりました。悪意あるコンテンツが baseURI に別のサイトを指し示すページを表示させる可能性があります。これにより、クロスサイトスクリプティング(XSS)とフィッシング攻撃が可能です。(CVE-2013-0793)

Red Hat は、Mozilla プロジェクトがこれらの問題を報告してくれたことに感謝の意を表します。Upstream は、Olli Pettay、Jesse Ruderman、Boris Zbarsky、Christian Holler、Milan Sreckovic、Joe Drew、Cody Crews、 miaubiz、Abhishek Arya、Mariusz Mlynski を、これらの課題のオリジナルレポーターとして認めています。

注:CVE-2013-0800 以外のすべての問題は、特別に細工された HTML メールメッセージでは悪用できません。これは、JavaScript がメールメッセージに対してデフォルトで無効になっているためです。RSS フィードのリモートコンテンツ全体を表示するときなど、Thunderbird でこれらを別の方法で悪用することが可能です。

Thunderbird の全ユーザーは、 Thunderbird version 17.0.5 ESR が含まれるこれらの更新済みパッケージにアップグレードし、この問題を修正する必要があります。
この更新を有効にするには、更新をインストールした後、Thunderbird を再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける thunderbird および/または thunderbird-debuginfo パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2013:0697

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0788

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0795

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0793

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0800

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0796

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 65781

ファイル名: redhat-RHSA-2013-0697.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/4/3

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 5.9

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:thunderbird, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.9, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/4/2

脆弱性公開日: 2013/4/3

参照情報

CVE: CVE-2013-0788, CVE-2013-0793, CVE-2013-0795, CVE-2013-0796, CVE-2013-0800

BID: 58818

RHSA: 2013:0697