Oracle Java SE の複数の脆弱性(2013 年 4 月 CPU)(UNIX)

critical Nessus プラグイン ID 65996
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Unix ホストに、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があるプログラミングプラットフォームがあります。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle(旧 Sun)Java SE または Java for Business のバージョンは、 7 Update 17、 6 Update 43 または 5 Update 41 以前です。そのため、以下のコンポーネントでセキュリティ問題の影響を受ける可能性があります:

- 2D
- AWT
- Beans
- ディプロイメント
- ホットスポット
- ImageIO
- Install
- JavaFX
- JAXP
- JAX-WS
- JMX
- ライブラリ
- ネットワーキング
- RMI

ソリューション

JDK/JRE 5 Update 45、6 Update 45、7 Update 21 または以降に更新し、必要に応じて影響を受けるバージョンを削除してください。

注意:JDK / JRE 5 Update 45 以降を入手するには、 Oracle の延長サポート契約が必要です。

関連情報

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-068/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-069/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-070/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-071/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-072/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-073/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-074/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-075/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-076/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-077/

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-078/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-079/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-13-089/

http://www.nessus.org/u?4b0871bd

http://www.oracle.com/technetwork/java/eol-135779.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 65996

ファイル名: oracle_java_cpu_apr_2013_unix.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2013/4/17

更新日: 2018/11/15

依存関係: sun_java_jre_installed_unix.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre, cpe:/a:oracle:jdk

必要な KB アイテム: Host/Java/JRE/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/4/16

脆弱性公開日: 2013/3/6

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Java Applet Reflection Type Confusion Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2013-0401, CVE-2013-0402, CVE-2013-1488, CVE-2013-1491, CVE-2013-1518, CVE-2013-1537, CVE-2013-1540, CVE-2013-1557, CVE-2013-1558, CVE-2013-1561, CVE-2013-1563, CVE-2013-1564, CVE-2013-1569, CVE-2013-2383, CVE-2013-2384, CVE-2013-2394, CVE-2013-2414, CVE-2013-2415, CVE-2013-2416, CVE-2013-2417, CVE-2013-2418, CVE-2013-2419, CVE-2013-2420, CVE-2013-2421, CVE-2013-2422, CVE-2013-2423, CVE-2013-2424, CVE-2013-2425, CVE-2013-2426, CVE-2013-2427, CVE-2013-2428, CVE-2013-2429, CVE-2013-2430, CVE-2013-2431, CVE-2013-2432, CVE-2013-2433, CVE-2013-2434, CVE-2013-2435, CVE-2013-2436, CVE-2013-2438, CVE-2013-2439, CVE-2013-2440

BID: 58397, 58493, 58504, 58507, 59088, 59089, 59124, 59128, 59131, 59137, 59141, 59145, 59149, 59153, 59154, 59159, 59162, 59165, 59166, 59167, 59170, 59172, 59175, 59178, 59179, 59184, 59185, 59187, 59190, 59191, 59194, 59195, 59203, 59206, 59208, 59212, 59213, 59219, 59220, 59228, 59234, 59243

EDB-ID: 24966