MySQL 5.6.x < 5.6.11 複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 66179

概要

リモートデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けることがあります。

説明

リモートホストにインストールされている MySQL のバージョンが、 5.6.11 より古い 5.6.x です。それ自体が、報告されているところによれば、次のコンポーネントの脆弱性の影響を受けています。

- Data Manipulation Language
- Information Schema
- InnoDB
- MemCached
- Prepared Statements
- Server Install
- Server Locking
- Server Options
- Server Optimizer
- Server Partition
- Server Privileges
- Stored Procedure

ソリューション

MySQL バージョン 5.6.11 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.6/en/news-5-6-11.html

http://www.nessus.org/u?99e05252

http://www.nessus.org/u?b1facedf

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 66179

ファイル名: mysql_5_6_11.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: remote

ファミリー: Databases

公開日: 2013/4/22

更新日: 2019/11/27

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 4.4

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2013-2378

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mysql:mysql

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/4/16

脆弱性公開日: 2012/12/1

参照情報

CVE: CVE-2013-1502, CVE-2013-1506, CVE-2013-1511, CVE-2013-1523, CVE-2013-1532, CVE-2013-1544, CVE-2013-1566, CVE-2013-1567, CVE-2013-1570, CVE-2013-2375, CVE-2013-2376, CVE-2013-2378, CVE-2013-2381, CVE-2013-2389, CVE-2013-2391, CVE-2013-2392, CVE-2013-2395, CVE-2013-3794, CVE-2013-3801, CVE-2013-3805, CVE-2013-3808

BID: 59173, 59188, 59201, 59205, 59207, 59209, 59211, 59215, 59216, 59224, 59225, 59227, 59229, 59232, 59237, 59239, 59242, 61222, 61227, 61256, 61269