RHEL 6:カーネル(RHSA-2013:0744)

high Nessus プラグイン ID 66192

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題と複数のバグを修正した更新済みカーネルパッケージが Red Hat Enterprise Linux 6 で利用可能になりました。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

セキュリティ:

* Linux カーネルの Intel i915 ドライバーがリロケーションコピーに使用されるバッファの割り当てを処理した方法で、ヒープベースのバッファオーバーフローにつながる整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。コンソールアクセスのあるローカルユーザーが、この欠陥を悪用して、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格したりする可能性があります。(CVE-2013-0913、重要度高)

* Linux カーネルの FAT ファイルシステム実装の utf8s_to_utf16s() 関数において UTF-8 文字が UTF-16 に変換される方法で、バッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。FAT ファイルシステムを 'utf8=1' オプションでマウントできるローカルのユーザーが、この欠陥を悪用して、システムをクラッシュしたり、権限を昇格したりする可能性があります。
(CVE-2013-1773、重要度高)

* MSR_KVM_SYSTEM_TIME のマシンの状態レジスタ(MSR)に書き込むことによりゲストが登録したバッファがページの境界を越えるときに KVM がゲストタイム更新を処理する方法で欠陥が見つかりました。権限のあるゲストユーザーがこの欠陥を悪用して、ホストをクラッシュし、権限を昇格する可能性があります。これにより、任意のコードをホストカーネルレベルで実行することが可能です。(CVE-2013-1796、重要度高)

* MSR_KVM_SYSTEM_TIME のマシンの状態レジスタ(MSR)に書き込むことによりゲストが登録した GPA(ゲスト物理アドレス)が、ホストのホスティングユーザースペースプロセスの移動可能または削除可能なメモリ領域に使われる(デフォルトでは QEMU-KVM)ときに、 KVM がゲストタイム更新を処理する方法で、 use-after-free が発生する可能性のある欠陥が見つかりました。このメモリ領域が KVM_SET_USER_MEMORY_REGION を使用する KVM と再利用される割り当てられた仮想メモリから登録解除されると、権限のあるゲストユーザーがこの欠陥を悪用してホストで権限を昇格する可能性があります。(CVE-2013-1797、重要度高)

* KVM が IOAPIC (I/O Advanced Programmable Interrupt Controller)をエミュレーションする方法で欠陥が見つかりました。ioapic_read_indirect() 関数に検証チェックがないため、権限のあるゲストユーザーがホストをクラッシュしたり、ホストカーネルメモリの大部分を読み込んだりする可能性があります。
(CVE-2013-1798、重要度高)

* NULL ポインターデリファレンスを引き起こす install_user_keyrings() の競合状態が主要管理機能で見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-1792、重要度中)

* XFRM 実装の NULL ポインターデリファレンスにより、CAP_NET_ADMIN 機能のあるローカルのユーザーが、サービス拒否を起こす可能性があります。(CVE-2013-1826、重要度中)

* Datagram Congestion Control Protocol(DCCP)実装の NULL ポインターデリファレンスにより、ローカルのユーザーがサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-1827、重要度中)

* XFRM 実装にある情報漏洩の欠陥により、CAP_NET_ADMIN 機能のあるローカルのユーザーが、カーネルスタックメモリをユーザー空間に漏洩する可能性があります。(CVE-2012-6537、重要度低)

* 非同期転送モード(ATM)サブシステムにある 2 つの情報漏洩の欠陥により、権限のないローカルユーザーが、カーネルスタックメモリをユーザー空間に漏洩する可能性があります。(CVE-2012-6546、重要度低)

* 情報漏洩の欠陥が、ネットワーキング実装の TUN/TAP デバイスドライバーで見つかりました。TUN/TAP 仮想インターフェイスにアクセスのあるローカルのユーザーが、この欠陥を悪用して、カーネルスタックメモリをユーザー空間に漏洩する可能性があります。(CVE-2012-6547、重要度低)

* Bluetooth 実装にある情報漏洩により、CAP_NET_ADMIN 機能のあるローカルのユーザーが、カーネルスタックメモリをユーザー空間に漏洩する可能性があります。(CVE-2013-0349、重要度低)

* use-after-free の欠陥が tmpfs の実装で見つかりました。tmpfs ファイルシステムのマウントとアンマウントを行えるローカルのユーザーが、この欠陥を悪用して、サービス拒否や権限昇格を引き起こすことが可能でした。(CVE-2013-1767、重要度低)

* Linux カーネルの USB Inside Out Edgeport Serial Driver 実装で、NULL ポインターデリファレンスが見つかりました。システムへ物理アクセスのある攻撃者が、この欠陥を悪用し、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-1774、重要度低)

Red Hat は、CVE-2013-1796、CVE-2013-1797、CVE-2013-1798 をレポートしてくれた Google の Andrew Honig 氏に感謝の意を表します。CVE-2013-1792 は、 Red Hat EMEA GSS SEG チームの Mateusz Guzik により発見されました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?c6b506c4

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2013:0744

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1773

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1798

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1796

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1797

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-6547

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-6546

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1826

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-6537

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1792

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1827

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1767

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0913

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0349

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1774

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-6538

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 66192

ファイル名: redhat-RHSA-2013-0744.nasl

バージョン: 1.22

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/4/24

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-s390x, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/4/23

脆弱性公開日: 2013/2/28

参照情報

CVE: CVE-2012-6537, CVE-2012-6538, CVE-2012-6546, CVE-2012-6547, CVE-2013-0349, CVE-2013-0913, CVE-2013-1767, CVE-2013-1773, CVE-2013-1774, CVE-2013-1792, CVE-2013-1796, CVE-2013-1797, CVE-2013-1798, CVE-2013-1826, CVE-2013-1827

BID: 58112, 58177, 58200, 58202, 58368, 58381, 58383, 58427, 58604, 58605, 58607, 58977, 58992, 58996

RHSA: 2013:0744