Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 のカーネル

high Nessus プラグイン ID 66214

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

* Linux カーネルの Intel i915 ドライバーがリロケーションコピーに使用されるバッファの割り当てを処理した方法で、ヒープベースのバッファオーバーフローにつながる整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。コンソールアクセスのあるローカルユーザーが、この欠陥を悪用して、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格したりする可能性があります。(CVE-2013-0913、重要度高)

* Linux カーネルの FAT ファイルシステム実装の utf8s_to_utf16s() 関数において UTF-8 文字が UTF-16 に変換される方法で、バッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。FAT ファイルシステムを 'utf8=1' オプションでマウントできるローカルのユーザーが、この欠陥を悪用して、システムをクラッシュしたり、権限を昇格したりする可能性があります。
(CVE-2013-1773、重要度高)

* MSR_KVM_SYSTEM_TIME のマシンの状態レジスタ(MSR)に書き込むことによりゲストが登録したバッファがページの境界を越えるときに KVM がゲストタイム更新を処理する方法で欠陥が見つかりました。権限のあるゲストユーザーがこの欠陥を悪用して、ホストをクラッシュし、権限を昇格する可能性があります。これにより、任意のコードをホストカーネルレベルで実行することが可能です。(CVE-2013-1796、重要度高)

* MSR_KVM_SYSTEM_TIME のマシンの状態レジスタ(MSR)に書き込むことによりゲストが登録した GPA(ゲスト物理アドレス)が、ホストのホスティングユーザースペースプロセスの移動可能または削除可能なメモリ領域に使われる(デフォルトでは QEMU-KVM)ときに、 KVM がゲストタイム更新を処理する方法で、 use-after-free が発生する可能性のある欠陥が見つかりました。このメモリ領域が KVM_SET_USER_MEMORY_REGION を使用する KVM と再利用される割り当てられた仮想メモリから登録解除されると、権限のあるゲストユーザーがこの欠陥を悪用してホストで権限を昇格する可能性があります。(CVE-2013-1797、重要度高)

* KVM が IOAPIC (I/O Advanced Programmable Interrupt Controller)をエミュレーションする方法で欠陥が見つかりました。ioapic_read_indirect() 関数に検証チェックがないため、権限のあるゲストユーザーがホストをクラッシュしたり、ホストカーネルメモリの大部分を読み込んだりする可能性があります。
(CVE-2013-1798、重要度高)

* NULL ポインターデリファレンスを引き起こす install_user_keyrings() の競合状態が主要管理機能で見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-1792、重要度中)

* XFRM 実装の NULL ポインターデリファレンスにより、CAP_NET_ADMIN 機能のあるローカルのユーザーが、サービス拒否を起こす可能性があります。(CVE-2013-1826、重要度中)

* Datagram Congestion Control Protocol(DCCP)実装の NULL ポインターデリファレンスにより、ローカルのユーザーがサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-1827、重要度中)

* XFRM 実装にある情報漏洩の欠陥により、CAP_NET_ADMIN 機能のあるローカルのユーザーが、カーネルスタックメモリをユーザー空間に漏洩する可能性があります。(CVE-2012-6537、重要度低)

* 非同期転送モード(ATM)サブシステムにある 2 つの情報漏洩の欠陥により、権限のないローカルユーザーが、カーネルスタックメモリをユーザー空間に漏洩する可能性があります。(CVE-2012-6546、重要度低)

* 情報漏洩の欠陥が、ネットワーキング実装の TUN/TAP デバイスドライバーで見つかりました。TUN/TAP 仮想インターフェイスにアクセスのあるローカルのユーザーが、この欠陥を悪用して、カーネルスタックメモリをユーザー空間に漏洩する可能性があります。(CVE-2012-6547、重要度低)

* Bluetooth 実装にある情報漏洩により、CAP_NET_ADMIN 機能のあるローカルのユーザーが、カーネルスタックメモリをユーザー空間に漏洩する可能性があります。(CVE-2013-0349、重要度低)

* use-after-free の欠陥が tmpfs の実装で見つかりました。tmpfs ファイルシステムのマウントとアンマウントを行えるローカルのユーザーが、この欠陥を悪用して、サービス拒否や権限昇格を引き起こすことが可能でした。(CVE-2013-1767、重要度低)

* Linux カーネルの USB Inside Out Edgeport Serial Driver 実装で、NULL ポインターデリファレンスが見つかりました。システムへ物理アクセスのある攻撃者が、この欠陥を悪用し、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-1774、重要度低)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?022e35f9

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 66214

ファイル名: sl_20130423_kernel_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/4/25

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:perf, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:python-perf, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:python-perf-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2013/4/23

脆弱性公開日: 2013/2/28

参照情報

CVE: CVE-2012-6537, CVE-2012-6546, CVE-2012-6547, CVE-2013-0349, CVE-2013-0913, CVE-2013-1767, CVE-2013-1773, CVE-2013-1774, CVE-2013-1792, CVE-2013-1796, CVE-2013-1797, CVE-2013-1798, CVE-2013-1826, CVE-2013-1827