MS13-043:Microsoft Word のリモートコード実行可能な脆弱性(2830399)

high Nessus プラグイン ID 66418

概要

リモートホストにインストールされている Microsoft Office コンポーネントは、コード実行脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Office および/または Microsoft Word Viewer は、リモートコード実行の脆弱性に影響を受けます。これは、Microsoft Word が Word ファイルのコンテンツを解析する方法に原因があります。この問題を悪用するためには、攻撃者はユーザーを騙して、特別に細工されたファイルまたはメールメッセージを影響を受けるバージョンの Microsoft Office ソフトウェアで開かせる必要があります。

ソリューション

Microsoft は、Office 2003 および Microsoft Word Viewer 用の一連のパッチをリリースしました。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2013/ms13-043

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 66418

ファイル名: smb_nt_ms13-043.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2013/5/15

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:office, cpe:/a:microsoft:word_viewer

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/5/14

脆弱性公開日: 2013/5/14

参照情報

CVE: CVE-2013-1335

BID: 59759

MSFT: MS13-043

MSKB: 2810046, 2817361