OpenSMTPD TLS のソケットブロックによるリモート DoS

medium Nessus プラグイン ID 66586

概要

リモートのメールサーバーは、サービス拒否の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートの OpenSMTPD メールサーバーに欠陥があり、クライアントが TLS 接続を開いたままにすると、そのサーバーへの追加の接続がブロックされる可能性があります。

ソリューション

パッチを適用するか、OpenSMTPD 5.3.2 または以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.opensmtpd.org/announces/release-5.3.2.txt

http://www.nessus.org/u?0127f5d6

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 66586

ファイル名: opensmtpd_tls_dos.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: SMTP problems

公開日: 2013/5/24

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2013-2125

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:openbsd:opensmtpd

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/5/16

脆弱性公開日: 2013/5/18

参照情報

CVE: CVE-2013-2125

BID: 59985