Ubuntu 10.04 LTS / 12.04 LTS / 12.10 / 13.04:openssl の脆弱性(USN-1898-1)

low Nessus プラグイン ID 67189
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

TLS プロトコル 1.2 以前では、非暗号化データの長さを適切に難読化することなく、圧縮データを暗号化する可能性があります。これにより、中間攻撃者は、提供された文字列が、暗号化および圧縮されたトラフィックの未知の文字列と一致する可能性がある中で、一連の推測を通じて長さの差異を観察することにより、平文コンテンツを取得することが可能です。これは、HTTP の CRIME 攻撃と呼ばれています。また、TLS の上層に位置する他のプロトコルが、これらの攻撃を実用化する可能性があります。

この更新では、OpenSSL ライブラリによって提供される SSL および TLS を使用するすべてのプログラムに対する圧縮を無効にします。レガシサービスと通信するために圧縮が必要なプログラムに対して圧縮を再有効化するためには、プログラムの環境に変数 OPENSSL_DEFAULT_ZLIB を定義してください。

ソリューション

影響を受ける libssl0.9.8 および/または libssl1.0.0 のパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1898-1/

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 67189

ファイル名: ubuntu_USN-1898-1.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/5

更新日: 2019/9/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.6

Temporal Score: 1.9

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libssl0.9.8, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libssl1.0.0, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:13.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/7/3

脆弱性公開日: 2012/9/15

参照情報

CVE: CVE-2012-4929

BID: 55704

USN: 1898-1