Oracle Linux 3 / 4:ncompress(ELSA-2006-0663)

high Nessus プラグイン ID 67406

概要

リモート Oracle Linux ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2006:0663 から:

セキュリティの問題に対処し、バグを修正する更新済みの ncompress パッケージが、現在利用可能です。

この更新は、Red Hat セキュリティレスポンスチームによりセキュリティインパクトが小さいと評価されています。

ncompress パッケージは、ファイルの圧縮/展開ユーティリティが含まれます。これらは、元の UNIX 圧縮ユーティリティ(.Z ファイル拡張)と互換性があります。

Google セキュリティチームの Tavis Ormandy 氏は、ncompress に境界検査がないことを発見しました。攻撃者が注意深く細工されたファイルを作成し、被害者が展開した場合に任意のコードを実行する可能性があります。
(CVE-2006-1168)

さらに、Red Hat Enterprise Linux 4 ncompress パッケージに影響を与えた 2 つのバグが修正されました:

* 詳細モードにおける表示の統計と圧縮の結果が、ゼロレングスファイルを操作するときに表示されませんでした。

* ゼロレングスファイルを圧縮しようとすると、リターンコードが予期せず返されます。

ncompress のユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける ncompress パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2006-November/000004.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2007-March/000083.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 67406

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2006-0663.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:ncompress, cpe:/o:oracle:linux:3, cpe:/o:oracle:linux:4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2006/11/30

脆弱性公開日: 2006/8/14

参照情報

CVE: CVE-2006-1168

BID: 19455

RHSA: 2006:0663