Oracle Linux 3/4/5:libxml2(ELSA-2008-0884)

critical Nessus プラグイン ID 67746

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2008:0884 から:

1 つのセキュリティ問題を修正する更新済みの libxml2 パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 3、4、および 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新に重大なセキュリティインパクトがあると評価しています。

libxml2 パッケージは、XML ファイルの操作を可能にするライブラリを提供します。これには、XML ファイルおよび HTML ファイルの読み込み、修正、書込みのサポートが含まれています。

libxml2 が長い XML エンティティ名を処理する方法で、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。libxml2 に対してリンクされているアプリケーションが信頼されない無効な形式の XML コンテンツを処理した場合、これにより、アプリケーションがクラッシュしたり、任意のコードが実行されたりする可能性があります。
(CVE-2008-3529)

libxml2 の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、この問題を修正することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける libxml2 パッケージを更新してください。

参考資料

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2008-September/000732.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2008-September/000733.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2008-September/000734.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 67746

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2008-0884.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:libxml2, p-cpe:/a:oracle:linux:libxml2-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:libxml2-python, cpe:/o:oracle:linux:3, cpe:/o:oracle:linux:4, cpe:/o:oracle:linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

パッチ公開日: 2008/9/11

脆弱性公開日: 2008/9/12

参照情報

CVE: CVE-2008-3529

CWE: 119

RHSA: 2008:0884