Oracle Linux 5:lcms(ELSA-2009-0339)

high Nessus プラグイン ID 67819

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2009:0339 から:

いくつかのセキュリティ問題を解決する更新済みの lcms パッケージが Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新は重要度中のセキュリティ影響があると評価しています。

Little Color Management System(LittleCMS または単純に「lcms」)は、サイズが小さく高速処理用に最適化されたオープンソースのカラー管理エンジンです。

LittleCMS に、ヒープベースのバッファオーバーフローの原因になる複数の整数オーバーフローの欠陥、および複数の不充分な入力検証の欠陥が見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、特別に細工されたイメージファイルを作成し、被害者がこれを開いた場合に、 LittleCMS を使用するアプリケーションをクラッシュさせたり、任意のコードを実行させたりすることが可能です。(CVE-2009-0723、 CVE-2009-0733)

LittleCMS でメモリリークの欠陥が見つかりました。LittleCMS を使用するアプリケーションが、特別に細工されたイメージを開くために使用された場合に、過剰な量のメモリを使用し、利用可能メモリを使い果たした後にクラッシュする可能性があります。(CVE-2009-0581)

Red Hat は、これらの問題を報告してくれた Google セキュリティチームの Chris Evans 氏に感謝の意を表します。

LittleCMS の全ユーザーは、これらの更新済みパッケージをインストールし、LittleCMS をバージョン 1.18 にアップグレードする必要があります。この更新を有効にするには、lcms ライブラリを使用する実行中のアプリケーションすべてを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける lcms パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2009-March/000923.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 67819

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2009-0339.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:lcms, p-cpe:/a:oracle:linux:lcms-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:python-lcms, cpe:/o:oracle:linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2009/3/19

脆弱性公開日: 2009/3/23

参照情報

CVE: CVE-2009-0581, CVE-2009-0723, CVE-2009-0733

RHSA: 2009:0339

CWE: 119, 189, 399