Oracle Linux 5:httpd(ELSA-2009-1148)

high Nessus プラグイン ID 67890
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2009:1148 から:

2 件のセキュリティ問題を修正する httpd パッケージの更新が、 Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新に重大なセキュリティインパクトがあると評価しています。

Apache HTTP Server は人気のある Web サーバーです。

Apache の mod_proxy モジュールをリバースプロキシとして使用した際に、サービス拒否を引き起こす欠陥が検出されました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、プロキシのプロセスに膨大な CPU 時間を費やすように仕向ける可能性があります。
(CVE-2009-1890)

Apache の mod_deflate モジュールで、サービス拒否の欠陥が見つかりました。
このモジュールは、圧縮が完了する前にコンテンツを要求しているネットワーク接続が切断された場合でも、圧縮が完了するまで容量の大きいファイルを圧縮し続けました。これにより、mod_deflate が容量の大きいファイルで有効となっている場合は、mod_deflate に膨大な CPU 時間を費やす可能性があります。(CVE-2009-1891)

httpd の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正する必要があります。更新したパッケージをインストールした後、更新を有効にするために httpd デーモンを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける httpd パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2009-July/001072.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 67890

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2009-1148.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 6.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:httpd, p-cpe:/a:oracle:linux:httpd-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:httpd-manual, p-cpe:/a:oracle:linux:mod_ssl, cpe:/o:oracle:linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2009/7/9

脆弱性公開日: 2009/7/5

参照情報

CVE: CVE-2009-1890, CVE-2009-1891

BID: 35565

RHSA: 2009:1148

CWE: 189, 399