Oracle Linux 3 / 4 / 5:newt(ELSA-2009-1463)

medium Nessus プラグイン ID 67931

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2009:1463 から:

1 つのセキュリティの問題を修正する更新済みの newt パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 3、4、および 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新は重要度中のセキュリティ影響があると評価しています。

Newt は、ウィジェットベースのユーザーインターフェイス用のカラーテキストモードプログラミングライブラリです。Newt を使用すれば、スタック型ウィンドウ、エントリウィジェット、チェックボックス、ラジオボタン、ラベル、平文フィールド、スクロールバーなどを、テキストモードのユーザーインターフェイスに追加することができます。

newt がテキストダイアログボックスに表示される内容を処理する方法で、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。ローカルの攻撃者が、(直接またはカスタムアプリケーションを通じた)特別に細工されたテキストダイアログボックスの表示リクエストを発行することが可能です。これにより、サービス拒否(アプリケーションクラッシュ)が発生したり、 newt ライブラリを使用するアプリケーションを実行しているユーザーの権限で任意のコードが実行されたりする可能性があります。
(CVE-2009-2905)

newt のユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージにアップグレードし、この問題を修正する必要があります。更新済みパッケージのインストール後、更新した内容を有効にするには、newt ライブラリを使用するアプリケーションを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける newt パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2009-September/001164.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2009-September/001165.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2009-September/001166.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 67931

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2009-1463.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:newt, p-cpe:/a:oracle:linux:newt-devel, cpe:/o:oracle:linux:3, cpe:/o:oracle:linux:4, cpe:/o:oracle:linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2009/9/24

脆弱性公開日: 2009/9/29

参照情報

CVE: CVE-2009-2905

BID: 36515

RHSA: 2009:1463

CWE: 119