Oracle Linux 5:poppler(ELSA-2009-1504)

high Nessus プラグイン ID 67942

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2009:1504 から:

複数のセキュリティ問題および 1 つのバグを解決する、更新済みの poppler パッケージが Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新に重大なセキュリティインパクトがあると評価しています。

poppler はポータブル・ドキュメント・フォーマット(PDF)レンダリングライブラリで、Evince などのアプリケーションで使用されます。

poppler に複数の整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者は、poppler(Evince など)を使用するアプリケーションを開いたときにクラッシュしたり、任意のコードを実行してしまう原因になる悪意のある PDF ファイルを作成する可能性があります。(CVE-2009-3603、 CVE-2009-3608、CVE-2009-3609)

Red Hat は、CVE-2009-3608 の問題を報告してくれた Chris Rohlf 氏に感謝の意を表します。

またこの更新は、以前の poppler セキュリティ更新である RHSA-2009:0480 に含まれていた、poppler が特定の PDF ドキュメントを適切にレンダリングできないという後退も修正しています。(BZ#528147)

ユーザーは、この更新パッケージにアップグレードすることをお勧めします。ここには、この問題を解決するバックポートされたパッチが含まれます。

ソリューション

影響を受けた poppler パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2009-October/001201.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 67942

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2009-1504.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:poppler, p-cpe:/a:oracle:linux:poppler-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:poppler-utils, cpe:/o:oracle:linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2009/10/15

脆弱性公開日: 2009/10/21

参照情報

CVE: CVE-2009-3603, CVE-2009-3607, CVE-2009-3608, CVE-2009-3609

RHSA: 2009:1504

CWE: 189