Oracle Linux 4/5:firefox(ELSA-2009-1530)

critical Nessus プラグイン ID 67948
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2009:1530 から:

複数のセキュリティ上の問題を修正する更新済みの firefox パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 4 および 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティインパクトがあるものとして評価しています。

Mozilla Firefox はオープンソースの Web ブラウザです。XULRunner は、 Mozilla Firefox 用の XUL Runtime 環境を提供します。nspr は Netscape Portable Runtime(NSPR)を提供します。

Firefox がフォーム履歴を処理する方法で、欠陥が見つかりました。悪意のある Web ページが、入力イベントを合成することにより、保存されたフォームデータを盗む可能性があります。これにより、ブラウザがフォームフィールドを自動入力するようになります(その後、攻撃者がこれを読み取ることが可能です)。(CVE-2009-3370)

Firefox がダウンロードされるファイルの一時ファイル名を作成する方法で、欠陥が見つかりました。ローカルの攻撃者が、 Firefox がダウンロードするファイルの名前を知っている場合、そのファイルのコンテンツを任意のコンテンツに置換する可能性があります。(CVE-2009-3274)

Firefox Proxy Auto-Configuration(PAC)ファイルプロセッサに、欠陥が見つかりました。Firefox が悪意のある PAC ファイルを読み込んだ場合に、 Firefox をクラッシュさせたり、 Firefox を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2009-3372)

Firefox GIF イメージプロセッサで、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。悪意のある GIF イメージが、 Firefox をクラッシュさせたり、 Firefox を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2009-3373)

浮動小数点変換ルーチンに対する Firefox 文字列に、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。悪意のある JavaScript を含む Web ページが、 Firefox をクラッシュさせたり、 Firefox を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2009-1563)

Firefox がテキスト選択を処理する方法で、欠陥が見つかりました。悪意のある Web サイトが、異なるドメイン(例:ユーザーが閲覧している他の Web サイト)の強調表示されたテキストを読み取り、同一生成元ポリシーをバイパスする可能性があります。(CVE-2009-3375)

ファイルをダウンロードするときに Firefox がオーバーライド文字を右横書きに表示する方法で、欠陥が見つかりました。この場合、タイトルバーに表示される名前がダイアログの本文に表示される名前と異なります。
攻撃者が、この欠陥を利用して、ユーザーを騙して、ユーザーが予期したものとは異なるファイル名または拡張子のファイルをダウンロードさせる可能性があります。(CVE-2009-3376)

不正な形式の Web コンテンツの処理に様々な欠陥が見つかりました。悪意のあるコンテンツが含まれる Web ページが、Firefox をクラッシュさせたり、 Firefox を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2009-3374、 CVE-2009-3380、CVE-2009-3382)

これらの欠陥の技術的な詳細については、Firefox 3.0.15 向けの Mozilla セキュリティアドバイザリを参照してください。Mozilla アドバイザリへのリンクは、このエラータの参照セクションにあります。

すべての Firefox ユーザーは、これらの問題を修正する Firefox バ―ジョン 3.0.15 を含む、更新済みのこれらのパッケージにアップグレードする必要があります。更新をインストールした後、変更した内容を反映させるには Firefox を再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける firefox パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2009-October/001219.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2009-October/001220.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 67948

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2009-1530.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:firefox, p-cpe:/a:oracle:linux:nspr, p-cpe:/a:oracle:linux:nspr-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:xulrunner, p-cpe:/a:oracle:linux:xulrunner-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:xulrunner-devel-unstable, cpe:/o:oracle:linux:4, cpe:/o:oracle:linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2009/10/28

脆弱性公開日: 2009/7/1

参照情報

CVE: CVE-2009-0689, CVE-2009-3274, CVE-2009-3370, CVE-2009-3371, CVE-2009-3372, CVE-2009-3373, CVE-2009-3374, CVE-2009-3375, CVE-2009-3376, CVE-2009-3377, CVE-2009-3378, CVE-2009-3379, CVE-2009-3380, CVE-2009-3381, CVE-2009-3382, CVE-2009-3383, CVE-2009-3384

RHSA: 2009:1530

CWE: 16, 119, 264, 399