Oracle Linux 4:python(ELSA-2011-0260)

high Nessus プラグイン ID 68201

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2011:0260 から:

複数のセキュリティ問題と 3 つのバグを修正する、更新済みの python パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 4 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新によるセキュリティ上の影響は小さいと評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Python は、インタープリタ型のインタラクティブなオブジェクト指向プログラミング言語です。

Python rgbimg モジュールに複数の欠陥が見つかりました。Python で書かれたアプリケーションで rgbimg モジュールを使用し、特別に細工された SGI 画像ファイルを読み込むと、アプリケーションをクラッシュさせたり、そのアプリケーションを実行しているユーザーの権限で任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2009-4134、 CVE-2010-1449、CVE-2010-1450)

この更新は以下のバグも修正します:

* Python 2.3.4 の time.strptime() 関数は、'%W' 週番号書式文字列を正しく処理しませんでした。この更新では、Python 2.3.6 から _strptime の実装をバックポートし、この問題を修正します。(BZ#436001)

* Python 2.3.4 の socket.htons() 関数は、IBM System z の部分的に初期化されていないデータを返しました。通常、これは正しくない結果につながります。(BZ#513341)

* Python 2.3.4 の pwd.getpwuid() と grp.getgrgid() 関数は、64 ビットアーキテクチャのユーザーおよびグループ ID の完全な範囲をサポートしていませんでした。これにより、大きな入力値の場合に「OverflowError」の例外を引き起こします。この更新では、 64 ビットアーキテクチャのユーザーおよびグループ ID の完全な範囲に対するサポートが追加されます。(BZ#497540)

Python のユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正する必要があります。

ソリューション

影響を受ける python パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2011-February/001946.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 68201

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2011-0260.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:python, p-cpe:/a:oracle:linux:python-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:python-docs, p-cpe:/a:oracle:linux:python-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:tkinter, cpe:/o:oracle:linux:4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/2/24

脆弱性公開日: 2010/5/27

参照情報

CVE: CVE-2009-4134, CVE-2010-1449, CVE-2010-1450

BID: 40361, 40363, 40365

RHSA: 2011:0260