Oracle Linux 6:krb5(ELSA-2011-0447)

critical Nessus プラグイン ID 68256

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2011:0447 から:

1 つのセキュリティ問題を修正する更新済みの krb5 パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 6 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

Kerberos はネットワーク認証システムであり、クライアントおよびサーバーが、対称キー暗号化および信頼できる第三者機関である Key Distribution Center(KDC)を使用して、お互いを認証することが可能です。

MIT Kerberos 管理デーモン kadmind のパスワード変更機能で、無効な解放の欠陥が見つかりました。認証されていないリモートの攻撃者がこの欠陥を悪用して、特別に細工されたリクエストを介して kadmind を中止させる恐れがあります。(CVE-2011-0285)

krb5 の全ユーザーは、この問題を修正するバックポートされたパッチが含まれる、更新済みパッケージへアップグレードする必要があります。更新パッケージのインストール後に、 kadmind のデーモンが自動的に再起動されます。

ソリューション

影響を受ける krb5 パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2011-April/002073.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 68256

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2011-0447.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-pkinit-openssl, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-server, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-server-ldap, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-workstation, cpe:/o:oracle:linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/4/14

脆弱性公開日: 2011/4/14

参照情報

CVE: CVE-2011-0285

BID: 47310

RHSA: 2011:0447