Oracle Linux 6:ruby(ELSA-2011-0910)

medium Nessus プラグイン ID 68299
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2011:0910 から:

3 つのセキュリティの問題を修正する更新済みの ruby パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 6 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Ruby は拡張可能なインタープリタ型の、オブジェクト指向スクリプト言語です。テキストファイルを処理したり、システム管理タスクを実行する機能があります。

BigDecimal クラスを使用する際に大容量のメモリが64 ビットシステムに割り当てられる方法で、欠陥が見つかりました。コンテキスト依存の攻撃者が、この欠陥を利用し、メモリの破損を発生させることが可能です。これにより BigDecimal クラスを使用する Ruby アプリケーションをクラッシュさせることや、任意のコードを実行させることが可能です。この問題は、32 ビットのシステムには影響を与えませんでした。
(CVE-2011-0188)

FileUtils モジュールにおける削除システムのエントリメソッドに、競合状態の欠陥が見つかりました。ローカルユーザーがこのメソッドを使用する Ruby スクリプトを実行すると、ローカルの攻撃者がこの欠陥を利用して、シンボリックリンク攻撃により、そのユーザーがアクセスできる任意のファイルやディレクトリを削除することが可能です。
(CVE-2011-1004)

例外メッセージを例外クラスの文字列に変換するメソッドで、欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、安全レベル 4 の制限をバイパスできます。これにより、信頼されていない(汚染した)コードが、任意の信頼されている(汚染していない)文字列を変更することが可能です。通常、このような動作は、安全レベル 4 の制限により防止されます。(CVE-2011-1005)

Red Hat は、CVE-2011-0188 の問題を報告してくれた Apple 製品セキュリティの Drew Yao 氏に感謝の意を表します。

Ruby の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージにアップグレードし、これらの問題を解決する必要があります。

ソリューション

影響を受ける Ruby パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2011-June/002209.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 68299

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2011-0910.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:ruby, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-docs, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-irb, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-rdoc, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-ri, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-static, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-tcltk, cpe:/o:oracle:linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/6/29

脆弱性公開日: 2011/3/2

参照情報

CVE: CVE-2011-0188, CVE-2011-1004, CVE-2011-1005

BID: 46458, 46460, 46966

RHSA: 2011:0910