Oracle Linux 5/6:bind(ELSA-2012-1123)

high Nessus プラグイン ID 68587

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2012:1123 から:

一つのセキュリティ問題を修正した更新済み BIND パッケージが Red Hat Enterprise Linux 5、6で利用可能になりました。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

Berkeley Internet Name Domain(BIND)は、ドメインネームシステム(DNS)プロトコルの実装です。BIND には、DNS サーバー(named)、リゾルバーライブラリ(DNS とインターフェイス接続する時に使用するアプリケーション用ルーチン)、および DNS サーバーが正常動作していることを検証するツールが含まれます。

DNSSEC 検証が有効なときに、BIND に初期化されていないデータ構造の使用の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が、BIND リゾルバーを検証している DNSSEC に多数のクエリを送信し、この欠陥を利用して、アサーション失敗による予期しない終了を発生させる可能性があります。
(CVE-2012-3817)

bind のユーザーは、これらの更新済みパッケージへアップグレードし、この問題を修正することが推奨されます。更新のインストール後、BIND デーモン(named)が自動的に再起動します。

ソリューション

影響を受ける bind パッケージを更新してください。

参考資料

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2012-July/002961.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2012-July/002962.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 68587

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2012-1123.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 5.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:bind, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-chroot, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-libbind-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-sdb, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-utils, p-cpe:/a:oracle:linux:caching-nameserver, cpe:/o:oracle:linux:5, cpe:/o:oracle:linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/7/31

脆弱性公開日: 2012/7/25

参照情報

CVE: CVE-2012-3817

BID: 54658

RHSA: 2012:1123