Oracle Linux 5/6:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2012-2026)

medium Nessus プラグイン ID 68679
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 4.4

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更内容の説明:

* CVE-2012-2745:カーネルのキー管理におけるサービス拒否。

fork() の置換セッションキーリングの潜在的な二重解放により、権限のないローカルユーザーがサービス拒否を引き起こす可能性があります。


- CVE-2011-1083:epoll のアルゴリズムのサービス拒否

Linux カーネルの Event Poll(epoll)サブシステムが、ネスト化した大きい epoll 構造体を処理する方法に欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。


[2.6.32-300.29.2.el6uek]
- epoll: epoll_wait() は timespec_add_ns() を使用しません(Eric Dumazet 氏)
- epoll: -ELOOPの tfile_check_list を消去(Joe Jin 氏){CVE-2012-3375}
- ネスト化されていない epoll パスを制限しません(Jason Baron 氏)
- epoll: epoll 制限ウェイクアップパス用 kabi 修正(Joe Jin 氏){CVE-2011-1083}
- epoll: パス制限(Jason Baron 氏){CVE-2011-1083}
- eventpoll: コメントの誤字「evenpoll」の修正(Paul Bolle 氏)
- epoll: コンパイラ警告、ブロックしないパスの最適化を修正(Shawn Bohrer 氏)
- epoll: 準備の完了したイベントを適切なインラインにチェックインするように移動(Davide Libenzi 氏)
- epoll: make epoll_wait() が hrtimer 範囲機能を使用します(Shawn Bohrer 氏)
- select: estimate_accuracy() から select_estimate_accuracy() に名前を変更します(Andrew Morton 氏)
- cred: copy_process() は child->replacement_session_keyring を消去します(Oleg Nesterov 氏){CVE-2012-2745}

ソリューション

影響を受ける Unbreakable Enterprise Kernel パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2012-July/002935.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2012-July/002936.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 68679

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2012-2026.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 4.4

CVSS v2.0

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.8

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:mlnx_en-2.6.32-300.29.2.el5uek, p-cpe:/a:oracle:linux:mlnx_en-2.6.32-300.29.2.el5uekdebug, p-cpe:/a:oracle:linux:mlnx_en-2.6.32-300.29.2.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:mlnx_en-2.6.32-300.29.2.el6uekdebug, p-cpe:/a:oracle:linux:ofa-2.6.32-300.29.2.el5uek, p-cpe:/a:oracle:linux:ofa-2.6.32-300.29.2.el5uekdebug, p-cpe:/a:oracle:linux:ofa-2.6.32-300.29.2.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:ofa-2.6.32-300.29.2.el6uekdebug, cpe:/o:oracle:linux:5, cpe:/o:oracle:linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/7/18

脆弱性公開日: 2011/4/4

参照情報

CVE: CVE-2011-1083, CVE-2012-2745, CVE-2012-3375

BID: 46630, 54283, 54365