Oracle Linux 6:カーネル(ELSA-2013-0911)

high Nessus プラグイン ID 68834

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6ホストに、ELSA-2013-0911アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-Red Hat Enterprise Linux(RHEL)6上の2.6.32-358.11.1.el6より前のカーネルパッケージにあるKVMサブシステムへの特定のRed Hatパッチは、PV EOI機能を適切に実装していません。これにより、ゲストOSユーザーが、割り込みは無効だが、copy_to_user関数の呼び出しが可能であるタイムウィンドウを利用することによって、サービス拒否(ホストOSクラッシュ)を引き起こすことが可能です。(CVE-2013-1935)

-3.0より前のLinuxカーネルのKVM サブシステムが、ゲスト物理アドレス空間で使用するためのメモリスロットの割り当て中にカーネルアドレスが指定されているかどうかをチェックしないために、ローカルユーザーが細工されたアプリケーションを介して、権限を取得したり、カーネルメモリから機密情報を取得したりする可能性があります。これは、arch/x86/kvm/paging_tmpl.hとvirt/kvm/kvm_main.cに関連しています。(CVE-2013-1943)

-2.6.34より前のLinuxカーネルのveth(別名仮想Ethernet)ドライバは、輻輳時のskbを適切に管理しません。そのため、リモート攻撃者が、二重解放エラーと組み合わせたskb消費量の不足を利用することによって、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こすことが可能です。(CVE-2013-2017)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2013-0911.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 68834

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2013-0911.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2013-1943

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/6/11

脆弱性公開日: 2013/4/29

参照情報

CVE: CVE-2013-1935, CVE-2013-1943, CVE-2013-2017, CVE-2013-2188

BID: 59549, 59846, 60463, 60466, 61195

RHSA: 2013:0911