Oracle Linux 5/6:Unbreakable Enterpriseカーネルセキュリティ(ELSA-2013-2534)

high Nessus プラグイン ID 68856

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 5 / 6ホストに、ELSA-2013-2534のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-3.8までのLinuxカーネルのblock/scsi_ioctl.cが、SCSIコマンドの承認中にSCSIデバイスのクラスを適切に配慮していません。これにより、ローカルユーザーが、重複するオペコードを利用するSG_IO ioctl呼び出しで、本来なら守られるべきアクセス制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2012-4542)

-3.6以前のLinuxカーネルにおいて、net/llc/af_llc.cのllc_ui_getname関数は、特定の状況で不正な戻り値を保持します。これにより、ローカルユーザーが初期化されていないポインター引数を利用する細工されたアプリケーションを介しカーネルスタックメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2012-6542)

-3.0より前のLinuxカーネルのKVM サブシステムが、ゲスト物理アドレス空間で使用するためのメモリスロットの割り当て中にカーネルアドレスが指定されているかどうかをチェックしないために、ローカルユーザーが細工されたアプリケーションを介して、権限を取得したり、カーネルメモリから機密情報を取得したりする可能性があります。これは、arch/x86/kvm/paging_tmpl.hとvirt/kvm/kvm_main.cに関連しています。(CVE-2013-1943)

-3.8.6以前のLinuxカーネルのdrivers/net/ethernet/broadcom/tg3.cのtg3_read_vpd関数のヒープベースのバッファオーバーフローにより、Vital Product Data(VPD)データ構造体の中に長い文字列を指定する細工されたファームウェアで、物理的に接近した攻撃者がサービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2013-1929)

-3.8.4以前のLinuxカーネルのdrivers/usb/class/cdc-wdm.cの中のwdm_in_callback関数のヒープベースのバッファオーバーフローにより、物理的に近接した攻撃者が、細工されたcdc-wdm USBデバイスを介して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、おそらくは任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2013-1860)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2013-2534.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 68856

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2013-2534.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/12

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 5.4

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2013-1860

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:5, cpe:/o:oracle:linux:6, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:mlnx_en-2.6.32-400.29.1.el5uek, p-cpe:/a:oracle:linux:mlnx_en-2.6.32-400.29.1.el5uekdebug, p-cpe:/a:oracle:linux:mlnx_en-2.6.32-400.29.1.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:mlnx_en-2.6.32-400.29.1.el6uekdebug, p-cpe:/a:oracle:linux:ofa-2.6.32-400.29.1.el5uek, p-cpe:/a:oracle:linux:ofa-2.6.32-400.29.1.el5uekdebug, p-cpe:/a:oracle:linux:ofa-2.6.32-400.29.1.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:ofa-2.6.32-400.29.1.el6uekdebug

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/6/11

脆弱性公開日: 2012/11/10

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

参照情報

CVE: CVE-2012-4542, CVE-2012-5517, CVE-2012-6537, CVE-2012-6542, CVE-2012-6546, CVE-2012-6547, CVE-2013-0349, CVE-2013-0871, CVE-2013-1774, CVE-2013-1792, CVE-2013-1796, CVE-2013-1798, CVE-2013-1826, CVE-2013-1827, CVE-2013-1860, CVE-2013-1929, CVE-2013-1943

BID: 56527, 57986, 58088, 58112, 58202, 58368, 58381, 58383, 58510, 58604, 58607, 58908, 58977, 58989, 58992, 58996, 60466