Fedora 18:zeroinstall-injector-2.3-1.fc18(2013-12396)

medium Nessus プラグイン ID 68884

概要

リモート Fedora ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

強化点:

- Upstream は、実験的な OCaml フロントエンドを現在出荷しています。これはまだ有効化されていません。

- fish-shell コマンドの完了を追加します。

- ローカルフィードのために <archive> と <file> における相対ファイルを利用可能にします。これによって、0repo へ渡す前にフィードをテストするのが簡単になります。

バグ修正:

- default=' in <environment> バインディング処理の改善。
デフォルトがシステムデフォルトに優先するように指定されるようになりました。

- 修正済み --アプリの「download」および「run」でリフレッシュ。

- ssl_match_hostname を最新のバグ修正に基づいて更新しました。
この修正はサービス拒否攻撃の修正を目的としており、 0install にとってはあまり重要ではありませんが、最新版にしておくことをお勧めします。
CVE-2013-2099

- <rename> ソースが存在しない場合のエラーを改善。

- オフラインモードでもローカルアーカイブの選択を許可。

レシピでのシステムストアの使用をサポート。現在全てのダウンロードをレシピとして扱うようになっているため、これは非常に重要です!

- 古い zeroinstall-add.desktop ファイルを削除しました。

依存している API の変更

- さらなる PyGObject API の変更に対処。http://twistedmatrix.com/trac/ticket/6369 のパッチに基づく

- gobject および glib を別々に保持。GLib が必要な場合と GObject が必要な場合があります。

- PyGIDeprecationWarning を回避するための更新。

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける zeroinstall-injector パッケージを更新してください。

関連情報

https://twistedmatrix.com/trac/ticket/6369

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=958834

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=966273

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=966274

http://www.nessus.org/u?de09de36

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 68884

ファイル名: fedora_2013-12396.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/7/15

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:zeroinstall-injector, cpe:/o:fedoraproject:fedora:18

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2013/7/5

参照情報

CVE: CVE-2013-2099

FEDORA: 2013-12396