Cisco Prime Network / Wireless Control System Health Monitor の折り返し型 XSS

medium Nessus プラグイン ID 69057
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストの Web アプリケーションに、クロスサイトスクリプティング脆弱性があります。

説明

リモート Web サーバーにホストされている Health Monitor(Cisco Prime Network / Wireless Control System のコンポーネント)のバージョンは、折り返し型クロスサイトスクリプティング脆弱性の影響を受けます。「requestUrl」パラメーターへの入力が、適切にサニタイズされていません。攻撃者がこれを悪用して、ユーザーを騙して特別に細工された URL をリクエストさせ、任意のスクリプトコードの実行を引き起こす可能性があります。

ソリューション

現時点で既知の解決策はありません。

関連情報

https://www.tenable.com/security/research/tra-2013-07

http://www.nessus.org/u?f19be7d6

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 69057

ファイル名: cisco_prime_ncs_health_monitor_CSCud18375.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses : XSS

公開日: 2013/7/25

更新日: 2021/1/19

依存関係: cisco_prime_ncs_health_monitor_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:U/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:prime_network_control_system

必要な KB アイテム: www/prime_health_monitor

エクスプロイトの容易さ: No exploit is required

脆弱性公開日: 2012/12/31

参照情報

CVE: CVE-2012-5990

BID: 62143

TRA: TRA-2013-07

CERT: 830316

CISCO-BUG-ID: CSCud18375

CWE: 20, 74, 79, 442, 629, 711, 712, 722, 725, 750, 751, 800, 801, 809, 811, 864, 900, 928, 931, 990